MENU

16時間断食で痩せない原因4つ

目次で探す

16時間断食で痩せない原因4つ

16時間断食、こんな方法は体を壊します。

  1. 16時間断食と糖質制限
  2. 16時間断食と低カロリーな食事
  3. 16時間断食とハードすぎる筋トレ
  4. 空腹時間をとっていない

ダイエットで大事なのは習慣化できるかどうかです。

一時的な方法は体に負担を与えてしまいダメージも大きいです。

痩せない原因1|16時間断食と糖質制限

16時間断食と糖質制限」を行うと全体的にパワー不足になり「体がだるい」「疲れているのに眠くならない」「眠っても疲れが取れない」こんな状態になりがちです。

痩せない原因2|16時間断食と低カロリーな食事

低カロリーすぎる食事の場合、空腹が原因で「すぐにイライラする」なんてことも起こります。

脳のパフォーマンスを落とさずに断食するには8時間のうちにしっかり食べることも大事です。

16時間断食と低カロリーな食事」は、栄養失調になりがちです。

体をいじめているだけなのできちんと食事はしましょう。

筋トレをするならトレーニングの数時間前のおやつタイムに糖質を摂ったりタンパク質を摂ったりしましょう。

パンが好きな人は筋トレ前のおやつタイム食べるのがおすすめ。

痩せない原因3|16時間断食とハードすぎる筋トレ

16時間断食とハードすぎる筋トレ」も危険です。

ハードすぎる筋トレをするとその分カロリーも必要になります。

断食期間中は30分ぐらいの軽めの筋トレがおすすめです。

筋トレ中にパワー不足を感じたらすぐに中断して栄養バランスが整った食事をとりましょう。

ハードな筋トレが好きな人は断食はおすすめしません。

筋肉増量を目的にするなら断食よりもGAINな食事と筋トレがおすすめです。

痩せない原因4|空腹時間をとっていない

16時間断食は、生活サイクルで言うと8時間を3つのパートに分けて考えると良いです。

8時間睡眠+8時間食べる+8時間は食べない。

睡眠中は当然食べることができません。

起きている時間は起きて4時間は飲み物だけで過ごす。

昼食から夕食時間まではしっかり食べる。

寝る4時間前は食べずに飲み物だけで過ごす。

こういうサイクルだとダイエットに成功しやすいでしょう。

寝る直前まで食べてしまうとそもそも16時間断食にはならないと思います。

16時間断食をやる場合は、正しいやり方を理解してから取り組みましょう。

16時間断食のやり方

  • URLをコピーしました!
目次で探す
閉じる