バターコーヒーのダイエット効果「最強の食事」で4kg痩せた体験談

ダイエットは運動1割、食事9割

ダイエットは運動1割、食事9割

筋トレをすれば痩せると思っている人は多いと思います。

結論から言うとダイエットを成功させるには筋トレだけではダメです。

フィットネスに通っているのに太ったままの人はたくさんいます。

これにはダイエットに関する大きな間違いがあるからです、
 

スポンサーリンク
 

ダイエットは運動1割、食事9割

セルフイメージの向上


痩せるためには運動すればいい」という認識が広まっているのはとてもいいことだと思いますが、私の体つきを見て筋トレしているから痩せていると誤解している人も多いのです。

私の身体を見て『ハードなケトルベルをやっているから脂肪が落ちた』と誤解している人も多いと思うので説明しておきます。
運動だけで痩せたわけではないです。

運動すれば脂肪が燃焼されるのは間違いないのですが、運動だけで脂肪を落とすことは非常にむずかしいです。

運動さえしていれば好きなものを食べてもいいわけでもありません。

運動をすれば余計にお腹が空いて以前よりも多く食べてしまう人もいます。

食事改善をしな多くの人はダイエットに失敗してしまうでしょう。

いい筋肉を作るのも脂肪を落とすのも、ほぼ食事次第なのです

太らない食事をする

私の場合、太りにくい食事を完璧にやっているとは言いにくいですが、主に1日2食+フルーツやナッツ類をおやつとして食べています。

以前はよく食べていたカップ麺、コンビニスイーツ、パンはほとんど食べなくなりました。

たまに食べることはあります。



以前の方があきらかにお腹が出ており、ぽっこりしていました。

筋トレダイエット

筋トレする前のぽっこりお腹

体重自体はこの頃の方が軽いぐらいです。
 
セルフイメージの向上
「運動しているから好きなものを食べたい」

「ご褒美スイーツ」

こういう油断をしていると脂肪は全く落ちないでしょう。
 
だからといって極端な糖質制限も脂質制限もする必要はないです。

食べるものを選べばいいんです。
 
私自身も、食べるものを足したり引いたりしながら、味覚もだんだん変わってきました。

白米よりも玄米入りのご飯に変えたり、甘いものよりも酸味のあるフルーツを好むようになったり、食物繊維を意識して摂るようになりました。

たんぱく質もプロテインだけに頼るよりも、ちゃんと食事から摂るようになりました。

いきなりはできないかもしれないけど、試行錯誤しながら身体にいいものにひとつひとつ変えていけばいいと思います。
 

自分自身では「ダイエットは食事が一番大事だ」と思っていても、インターネットではどうしても筋トレの方が目立ってしまいます。
〇〇をすれば痩せるんだ
〇〇をすれば筋肉がつくんだ
というように誤解されがちです。

私の場合は基礎代謝量が1500kcalぐらいなので、1日の食事量を1500kcalを超えなければ太ることはありません。

ダイエットのポイント

  1. 高カロリーの食事を避ける
  2. 低カロリー高たんぱく質のものを食べる
  3. ミネラル・ビタミンを意識して摂る
  4. 酵素を取る方法としてフルーツや生野菜を食べる

いつも厳密なカロリー計算をして食べているわけではなく、ある程度の目安でカロリーを把握しています。
 

スーパーやコンビニで食べ物を買うときは必ずカロリーとPFCバランスを見て買います。
食べたら太ると思うようなものは自然と買わなくなりました。
自分が摂りすぎている栄養は何か、足りてない栄養は何かを考えて食べる物を選んでいくといいです。

体脂肪率や基礎代謝量などが測れる体重計(体組成計)はこちら

体組成計おすすめ|タニタ乗るピタ BC-705N

PFCバランス+ビタミン・ミネラルを摂る

PFC=P(たんぱく質)・F(脂質)・C(食物繊維)

ダイエットをするにはPFCバランスだけでなく、ビタミン・ミネラルを摂らなければなりません。

ビタミンやミネラルは体の代謝に大きく関わっているので必須の成分です。

痩せにくい人はおそらくビタミンやミネラルが不足しているでしょう。
 
置き換えダイエットで失敗している人は、ご飯やパンをやめたけれど、量が少ないけど高カロリーな物を摂っている場合も多いと思います。

結局のところカロリーを減らすことができていない場合もあるので要注意です。
 

白米を玄米に変えるだけでもビタミン・ミネラルを摂ることができます。
私は玄米の他にもビタミン・ミネラルを摂っています。
 
ビタミン

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 葉酸
  • パントテン酸

ミネラル

  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • マンガン

よく食べるおやつ

よく食べるおやつを紹介します。

ローソンの干し芋

ローソン 干し芋

サツマイモはカリウム・ビタミンC、βカロチン、食物繊維が豊富です。

驚きの資質の低さと添加物、保存料未使用なのがうれしいです。

  • 内容量 80g
  • カロリー 227kg
  • 脂質 0.3g
  • 炭水化物 54.6g(糖質50.4g/食物繊維4.2g)
  • 食塩相当量 0.2g

クルミ・カシューナッツ・アーモンド

クルミ・カシューナッツ・アーモンド

ナッツ類はこの3種類を食べておけばミネラルやビタミン類がバランスよく摂れる。

食塩や油を使っていない物を購入します。

これにドライフルーツをプラスして、小腹が空いたらバリバリ食べます。

  • ナトリウム
  • カリウム
  • 亜鉛
  • ビタミン類
  • 葉酸
  • ナイアシン
  • トリプトファン
  • オメガ3

個人的な実感ですが、亜鉛系のサプリメントを摂るよりもクルミを食べ続けた方が体質改善できました。
サプリメントを全否定するわけではないし、サプリメントにもそれなりの効果は感じましたが、『サプリメント<食事』サプリメントよりも食事から必要な栄養を摂った方がよいという公式が自分の頭の中にできました。

ダイエットは運動1割、食事9割 著・森拓郎

『ダイエットは運動1割、食事9割』という本を読めば、ダイエットに関する誤解を解いてくれるでしょう。

身体に良いと思って摂っていたものも逆効果だったということもあります。

野菜やフルーツ系のドリンクやスムージーがそうです。

  • 第1章 運動だけでは痩せられません!?
  • 第2章 こんな生活があなたを太らせている!?
  • 食べて痩せるN/Cレートダイエット

 
特に第1章、第2章は必読です。

筋トレだけでは痩せないし、普段食べているものが如何に太りやすいものかがわかるでしょう。

噂レベルのダイエット方法や他の人がやっているダイエット方法の一部だけをみて「〇〇をやれば痩せる」と誤解するのは危険です。

しっかり知識をインプットしながら筋トレやダイエットに取り組みましょう。
 

まとめ ダイエットは運動1割、食事9割|ダイエットの真実

30代の体型 57kgぐらい

痩せているけど筋肉は少ない

40代 63kgぐらい

40代 63kgぐらい

全身に適度に筋肉がついている

30代の頃はマラソンにハマっており、1時間ぐらいランニングをして筋トレもしていました。

確かに痩せることはできましたがなかなか筋肉がつきませんでした。

時間が必要なところもデメリットです。

40代の現在はランニングは一切せずにケトルベルトレーニングや自重のクロスフィットトレーニングをしています。

10〜40分ぐらいの運動で今の体型になっています。

有酸素運動に偏ると筋肉がつきにくく、ただ痩せ型体型になるだけでした。

高負荷・短時間のケトルベルトレーニングをしているほうが、脂肪が落ちて筋肉がついたのでセルフボディイメージは向上しました。
 

筋トレやダイエットをしてみて感じた私の実感です
  • 食べ過ぎならいくら運動しても痩せない
  • 運動を一生懸命頑張るよりも食事改善をした方が痩せる
  • 筋肉が脂肪に変わったり、脂肪が筋肉に変わったりはしない
  • 短時間の運動では脂肪は燃焼しない
  • 有酸素運動は効率が悪い
  • 筋肉量が増えても代謝はそれほど上がらないし痩せるわけではない
  • 腹筋だけしても腹筋は割れない
  • 炭水化物を極端に抜くと、食物繊維が不足して腸内環境が荒れる

 
ほかにも書き連ねていくとキリがないかもしれないほどダイエットに関する誤解があります。

運動だけでは痩せないという認識を広めてくのがなかなかむずかしいです。
 

この記事で、運動だけで痩せようとするよりも、食事を改善する方が痩せるのが早いということが伝わってくれればうれしいです。

スポンサーリンク