MENU
筋トレブロガー
ベンチプレス ・ケトルベルトレーニングにはまっているアマチュアトレーニーです。
筋トレ、ダイエット、アンチエイジングが趣味な健康オタク/エッセンシャルオイル歴8年以上のアロマ男子

筋トレやダイエットの結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。商品の実体験記事の執筆をご希望の場合お気軽にお問い合わせください。
》筋トレにおすすめの高たんぱく質宅配弁当8社比較《

チョコザップの問題点とは?物足りない理由を複数のジムに通う私が違いを徹底紹介

※ブログに記載しているダイエット方法(食事管理)に関して、肥満症やその他の症状で医師から診断されている場合は、必ず医師と相談の上取り組んでください。 ※当ブログの商品レビューはサンプル提供されたものも含めて忖度のない個人的な率直な感想をまとめています。 ※当ブログのリンクの一部には広告が含まれます。

「チョコザップってどうなの?」ってリアルな友達からも聞かれることが多くなりました。

複数のジムに通う私が、チョコザップとその他のジムの違いを紹介します。

目次で探す

チョコザップの問題点

  • スタッフがいないのでわからないことが聞けない
  • スタッフがいないので困った時に助けてもらえない
  • 清掃が行き届いていない場合がある
  • シャワーがない・トイレがない場合もある
  • マシンの作りが軽く物足りない
  • トレーニングマシンの種類や台数が少ない
  • 本部の対応が遅い・・・

スタッフがいないのでわからないことが聞けない

チョコザップは人件費を極限まで削減した無人ジムです。

効率よくトレーニングをしたい場合や、トレーニングマシンを使うときに使い方を聞いたり、何か手伝って欲しいときに聞けるスタッフがいません。

私が普段通っているジムはいつもスタッフがいるので、わからないことやトレーニング方法も気軽に相談することができます。

マシンの位置やベンチ台を動かす手伝いをスタッフが手伝ってくれることもあります。

トレーニング方法も随時アドバイスをもらうこともできます。

トレーニング中に不注意で怪我をした場合も、スタッフがいるジムならすぐに対応してもらえますが、チョコザップの場合はそういった対応はありません。

清掃が行き届いていない

スタッフがいるジムは床が汚れているときはスタッフに言えばすぐにキレイにしてくれます。

チョコザップの場合は、汚れているところはフレンドリー会員が任意の時間に掃除をしたりしています。

私もしばらくフレンドリー会員を経験して、プライベートな時間を削って清掃などしていました。

チョコザップの場合はやはり汚れは目立ちます。

自分が使うジムだからと思って、フレンドリー会員じゃない時も軽く掃除とかはしていました。

シャワーがない

チョコザップにはシャワー設備はありません。

私が普段通っているジムもシャワーはありません。

ですが、低価格ジムでシャワー完備のジムも登場しています。

トレーニング後にすぐにシャワーを浴びるとすごく気持ちいいんですよね!
シャワーがあるジムの方がいいのは確かです。

チョコザップが物足りない明確な理由『マシンが物足りない・軽い』

チョコザップの大きなデメリットは、マシンの作りが軽く故障しやすかったり、重量も超初心者向けな点です。

例えばレッグプレスというマシンのMAX重量がたったの60キロという超軽量マシン・・

男性のトレーニングには向いていません。

私はレッグプレスは120キロ以上で鍛えているので、60キロとかだとストレッチ程度にしかならないです。
マシン自体も軽い感じで故障が多発するのも頷けます。

マシンの台数が極端に少ない店舗があるのも気になります。

チョコザップは全国に多数ジム店舗があるとはいえ、いつも利用する近くのジムに不満が多いとジム通いをやめる動機が増えます。

広い店舗なのにマシンの台数が少ない店舗もあって、ちょっとがっかりしました。

店舗によって置いてあるマシンの差が激しいのは問題ですね。

チョコザップの本部の対応が遅い

チョコザップには問い合わせ電話が開設されていますが、実際は大変繋がりにくく満足な対応はしてくれません。

その日に行ったジムの現場でなんとかトレーニングするといった感じです。

チョコザップは結構割り切って使わないといけない部分が多いです。

チョコザップと私が普段行っているジムは月額基本料金は1,000円も変わらないのに、サービス面はチョコザップの方が非常に劣ると感じます。

チョコザップはトレーニングマシン以外のサービスや設備が充実している

チョコザップはトレーニングマシンもありますが、それ以外の設備やサービスが充実しています。

  1. セルフエステ
  2. セルフ脱毛
  3. ゴルフブース
  4. セルフネイル
  5. セルフホワイトニング
  6. マッサージチェア
  7. デスクバイク
  8. ちょこカフェ(ドリンクサービス)
  9. ワークスペース
  10. ランドリーサービス

普通のトレーニングジムとは全く違うサービスがてんこ盛りです。
トレーニング以外のサービス目的で利用する人も増えてそうです。

チョコザップは休会が無料

賛否両論あるチョコザップですが、退会率が非常に低いと言われています。

休会費用が無料なのもあるでしょう。

私も休会制度を利用しながらチョコザップを続けてています。

エステや脱毛などのその他のサービスはときどき使えればいいので、休会制度を利用しています。

チョコザップのセルフ脱毛は男性にもおすすめです。
あとゴルフなんかも気分転換に楽しいですね。

まとめ

チョコザップは真剣にトレーニングしたい人には物足りないです。

そのほかのサービスも楽しんで使える人に向いています。

チョコザップはライザップが運営しているジムなので信頼があるように感じていましたが、チョコザップ自体の運営はまだ期間が短いしサービスがどんどん追加されていて、この先どうなっていくのかはわかりません。

chocoZAP(ちょこざっぷ)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 24時間全国のジムが使える
  • セルフエステ・セルフ脱毛・歯のホワイトニングなども使える
  • ジム初心者向きのマシンが揃っている
  • 月額2980円(税込3,278円)という価格の安さ!
  • chocoZAPスターターキット(体組成計・ヘルスウォッチ)付き
  • 休会費用無料で退会しなくても月額料金は0円に
デメリット
  • 初心者向けのマシンしかない
  • 狭い店舗がある
\ジムもエステも月額2,980円/

初期費用(通常) ・入会金 税込3000円 ・事務手数料 税込2000円

休会料金0円だから続けやすい!

もれなく体組成計とスマートウォッチがもらえて、ジムもエステも使えるコンビニジム!

ちょこざっぷ入会方法|無料アプリのダウンロードと新規登録方法

ちょこざっぷのアプリ入会のイメージ
STEP
アプリをダウンロード
STEP
メールアドレスを登録

Chocozapのアプリを起動して、あなたのメールアドレスを登録します。

STEP
認証コードを入力

登録したメールアドレスに送られてきた認証コードをアプリに入力します。

STEP
お客様情報を入力

あなたの名前や生年月日、性別を入力します。

STEP
登録完了

これで無料登録完了です。

アプリからマシンの使い方動画を見たりやちょこザップのアプリが使えるようになります。

実際にジムを使うには契約が必要です。

アプリを使って近くに店舗があるか確認することができます。

STEP
ジムの利用登録

実際にジムの利用をするにはアプリにログインして月額プランの契約を行います。

クレジットカードがあればジムの利用登録ができます。

》近くのチョコザップ店舗を検索
  • URLをコピーしました!
目次で探す