バターコーヒーインスタントおすすめ【人気】

サプリメントによく含まれている成分と効果一覧

ドラゴンマッスルHMB口コミ評価

筋肉弁当で圧倒的なたんぱく質量と脂質の低さ “マッスルデリ”

豆腐ハンバーグと味噌炒めセット【GAIN】内容量 420g、たんぱく質 58.4g、脂質 6.1g、炭水化物 66.5g

》Muscle Deliのキャンペーン

サプリメントによく含まれている成分を、あかさたな順でまとめました。

危険な人工甘味料にはわかりやすく「危ない人工甘味料」と表記しました。

スポンサーリンク
 

サプリメントによく含まれている成分と効果一覧

プロテインは太る

HMBカルシウムとは?

勘違いしている人もいるかもですが、HMBは痩せるダイエットサプリではありません。

筋肉をキープし筋肉分解を抑制してくれる成分です。

プロテインの20倍の効果を発揮するわけでもありません。

あくまでもプロテインよりも20倍に値するHMB成分が含まれているという数値上の話です。

ダイエットしたい人には向いていません。

ハードな運動による脂肪燃焼は期待できます。

》HMBサプリ効果検証

BCAAとは?

必須アミノ酸である、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称

筋タンパク質合成促進、筋タンパク質分解抑制、筋損傷軽減、筋肉中のグリコーゲン節約、乳酸産生抑制が期待できる。

EAAとは?

EAA(Essential Amino Acid)とは、必須アミノ酸の略です。

EAAという表記があれば、必須アミノ酸が9種類含まれているということです。

EAA=必須アミノ酸9種類

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • フェニルアラニン
  • トリプトファン
  • ヒスチジン
  • リジン
  • トレオニン
  • メチオニン

あ行

アルギニン

成長ホルモンの合成を促進する。

脂肪の代謝を促し、筋肉組織を強化する。

免疫力向上、疲労回復。

シトルリンと合わせて使われることが多いです。

アスパルテーム(危ない人工甘味料)

アスパルテームは砂糖の160〜220倍の甘さを感じさせる人工甘味料で天然には存在しない化合物。

L-フェニルアラニン化合物と表記されている場合もある。

アスパルテームの安全性を巡る疑惑の原因は、その構造にあります。アスパルテームは天然には存在しない化合物です。経口摂取されると小腸でフェニルアラニン(50%)とアスパラギン酸(40%)というアミノ酸と有毒なメタノール(10%)に分解(消化)・吸収されます。その後、通常のアミノ酸と同じ様にタンパク質に合成されたり、脱アミノ化された後にエネルギー源として分解されたりします。そのそれぞれの成分が健康被害をもたらすと考えられています。

本当に危ない人工甘味料(その1)|くにちか内科クリニック

アセスルファムK(危ない人工甘味料)

アセスルファムKはショ糖(スクロース、砂糖)の200倍の甘みを持つ人工甘味料。

アセスルファムKは分子量が小さく、消化管で消化(分解)を受けることなく吸収され、門脈・肝臓を通り全身に運ばれます。体内でも代謝(分解)を受けず、肝臓からは胆汁として便中に、腎臓からは尿中に排泄されます。したがって、肝臓と腎臓に負担をかけることになります。また、体にとっては異物として捉えられ、頭痛やアレルギーの原因となったり、早く排出しようとして下痢や腹痛をきたしたりすることがあります。

本当に危ない人工甘味料(その3)|くにちか内科クリニック

亜鉛

亜鉛が不足すると味覚障害、貧血、食欲不振、皮膚炎、生殖機能の低下、慢性下痢、脱毛、免疫力低下、低アルブミン血症、神経感覚障害、認知機能障害などのさまざまな症状が現れる。

食生活の乱れは亜鉛不足になりやすい。

牡蠣、うなぎの蒲焼に亜鉛がよく含まれている。

アミノ酸からのたんぱく質の再合成、DNAの合成にも必要なので、胎児や乳児の発育や生命維持に非常に重要な役割を果たしているほか、骨の成長や肝臓、腎臓、インスリンを作るすい臓、精子を作っている睾丸など、新しい細胞が作られる組織や器官では必須のミネラルです。また、体の細胞にダメージを与える活性酸素を除去する酵素の構成成分であるほか、味覚を感じる味蕾細胞や免疫反応にも関与しています。

Lオルニチン

Lオルニチンは成長ホルモン誘導体、肝臓の働きをサポートする。

か行

カルニチン

脂肪酸と結合しミトコンドリア内に輸送する役割を持つ。

脂肪酸からエネルギーを生産するサポート成分。

GABA

GABAとはGamma-Amino Butyric Acidの略称

末梢の自律神経系においてノルアドレナリン等の興奮系ホルモンの放出の抑制し、副交感神経の亢進する事で、事務的作業による一時的・心理的なストレスを低減する

ギムネマシルペスタ

糖吸収抑制作用がある。

キサンタン

天然の増粘多糖類

クレアチン

クレアチンとは、アミノ酸の一種で、無酸素運動などの強度の高い運動で素早くエネルギーを作り出すサポートをしてくれます。

トレーニング前に摂ることで、トレーニングの質を高めることができます。

クレアチンは運動パフォーマンスの向上、筋肉量増加に期待できます。

さ行

シトルリン

シトルリンには血管拡張作用があり、運動パフォーマンスの向上や、血流を良くする効果が期待できます。

アルギニンと合わせて使われることが多いです。

スクラロース(危ない人工甘味料)

スクラロース(sucralose)はショ糖(砂糖)の600倍の甘さを持つ人工甘味料。

農薬の開発中に偶然発見されたスクラロース

ショ糖に有毒の塩素を反応させた有機塩素化合物

摂取したスクラロースは、脳、肝臓、腎臓、尿からも検出される

有機塩素化合物のうち食品添加物として認可されているのはスクラロースのみ

スクラロースは120℃を超えて加熱され続けると、温度上昇に伴い甘味料の分解と脱塩素化が起こる

飲料・デザート・菓子パン・健康食品などに使われる

本当に危ない人工甘味料(スクラロース)くにちか内科クリニック
危険な人工甘味料スクラロースが体に悪い理由|危険な人工甘味料(1)

た行

タウリン

アミノ酸の一種

タウリンは、ホメオスタシス作用をもっており、体内の機能が働きすぎることを制御したり、機能が低下した時には改善させたりするなど、ヒトの身体が常に一定の生理作用の中で動くようにバランスをとっています。

デキストリン

デキストリンとは、α-グルコースがグリコシド結合によって重合した低分子量の物質の総称で、デンプンの仲間

糖の吸収スピードの遅延作用(食後血糖の上昇抑制作用)、整腸作用、脂肪の吸収スピードの遅延作用(食後血中中性脂肪の上昇抑制作用)、内臓脂肪の低減作用、ミネラルの吸収促進作用

トリプトファン

しあわせホルモンと呼ばれる脳内ホルモンで、「ノルアドレナリン(神経を興奮)」や「ドーパミン(快感を増幅)」と並び、感情や精神面、睡眠など人間の大切な機能に深く関係する三大神経伝達物質の1つ

セロトニンを増やすには、必須アミノ酸のトリプトファンが必要

な行

ナイアシン

ナイアシンは体内で必須アミノ酸「トリプトファン」からも作られる。

エネルギーを作る、脂質や糖質を分解する、皮膚や粘膜の炎症を防ぐ、神経症状を防ぐ

は行

バリン

バリンは特に筋肉をつくるのに大切な必須アミノ酸です。イソロイシン、ロイシンとともにBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれる

ヒスチジン

ヒスチジンは、人の体内での合成が比較的遅いアミノ酸で、幼児が不足すると湿疹ができてしまうおそれがある必須アミノ酸です。ヘモグロビンに多く含まれているので、不足すると貧血になるおそれが出ます。

フェニルアラニン

フェニルアラニンは、チロシンを経て脳内神経伝達物質ドーパミンやノルアドレナリン、黒色色素メラニンの材料になる必須アミノ酸です。

合成甘味料アスパルテームの原料ともなるアミノ酸です。

ま行

マカ

マカとは、南米ペルーのアンデス山脈に自生し、根菜の一種、アブラナ科の植物で大根やカブと同じ種類

マカには、9種類の必須アミノ酸 (体内では合成されないため食物から摂取しなければならないアミノ酸)を加えた18種類のアミノ酸をはじめ、鉄・カルシウム・亜鉛などのミネラル、食物繊維、ビタミンなどがバランスよく配合されています。

中でも、マカに含まれる成分の代表と言われるのがアルギニンです。

や行

ら行

ロイシン

ロイシンは筋肉維持に必要な必須アミノ酸

バリン、イソロイシンとともにBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれます。ロイシンはタンパク質の生成・分解を調整することによって、筋肉の維持に働く。

リジン塩酸塩

リジンはこの必須アミノ酸の一種で飼料に使われる

アミノ酸バランスを改善し、肉質を改善する

わ行

サプリメントによく使われる添加物

ステアリン酸マグネシウム

製造用剤(カプセル及び錠剤製造の滑沢剤、潤滑剤又は付着防止剤として用いる)

》ステアリン酸マグネシウムの規格基準の改正 … – 厚生労働省(PDF)

ステアリン酸カルシウム

食品添加物の脂肪酸塩類の一つとして、結着剤、乳化剤、固結防止剤として使用が認められている。

》ステアリン酸カルシウムを添加物として定めることに係る食品健康影響評価に関する審議結果|食品安全委員会(PDF)

セルロース

食物繊維の一種

水を含んで膨張し、これがお腹の中で便のカサを増加させます。 便のカサが増すことで腸が刺激され、便通改善・便秘改善の効果も期待できる。

微粒酸化ケイ素

食品に添加される非結晶性の二酸化ケイ素:シリカ

無水ケイ酸とも呼ばれる物質で水に溶けず、体内で消化吸収されないですが、排泄するために余計なエネルギーは必要になる上、本来自然界では摂取する必要がないものなので体に負担はかかります。また、母乳育児中の方や乳幼児は基本的に摂取しない方が良いです。

微粒酸化ケイ素は粒状、粉末状のサプリメントのほとんどに含まれています。

サプリメント程度の含有量では健康被害はないとされていますが、サプリメントの長期間の使用、常用はオススメできません。

ヒドロキシプロピルセルロース

錠剤・顆粒剤の滑沢剤、コーティング剤、崩壊剤、結合剤、シロップの懸濁・安定化剤、パップ剤の増粘剤、軟膏、ゼリー基剤等として使用されている。

》ヒドロキシプロピルセルロースを添加物として – 厚生労働省(PDF)

スポンサーリンク
 

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。