高タンパク質宅配弁当比較ランキング【お試し割引あり】

ホエイプロテインとソイプロテインの併用が筋トレに最強

WPIプロテイン ハイクリアー

筋トレ民にとってタンパク質の適切な摂取方法に悩むことも多いと思います。

人によって摂るべきプロテインの種類や量なども変わってきます。

プロテインの代表、ホエイプロテインとソイプロテイン、どちらかを選んで飲んでいる人が多いと思います。

ホエイとソイを両方併用した方が筋肉育成に良いという報告があるので紹介します。

私もWPIホエイプロテインとソイプロテインを混ぜて飲んでいます。

スポンサーリンク
 

ホエイプロテインとソイプロテインの併用が筋トレに最強

ホエイプロテインは体のへの吸収が早いので筋トレ向きだと言われています。

ソイプロテインは体への吸収が遅いので腹持ちが良くダイエット向きだと言われています。

近年はホエイとソイを混ぜたプロテインも販売されています。

そのダブルプロテインはホエイとソイの両方の長所が活かせるので、単独で飲むよりも筋トレにより効果的なプロテインドリンクになります。

ソイプロテイン 男性 おすすめソイプロテインは絶対ダメ?男性に危険なし〜おすすめの理由

植物性たんぱく質と動物性たんぱく質の同時摂取効果を検証した結果|キューサイ

キューサイが行った、動物性タンパク質のみの摂取と、動物性と植物性のタンパク質を摂ったラットの結果を比較結果。

動物性タンパク質を摂取後、45分後をピークに90分を過ぎたあたりから下がり始める。

動物性+植物性タンパク質を摂取後、45分後をピークに180分経過しても血中BCAA濃度が持続した。

血中BCAA濃度の測定|キューサイ

本研究により、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質の同時摂取は、一種類のたんぱく質のみを摂取するよりも効率的に体内に吸収され、筋肉の萎縮を抑制する傾向があることがわかりました。

植物性たんぱく質と動物性たんぱく質の同時摂取効果を検証(PDF)|キューサイ

筋肉をつくる時間が持続する「ダブルたんぱく」

ホエイ単独、あるいはホエイと大豆たんぱく質をブレンドしたダブルたんぱくを運動後に摂取して、筋たんぱく質の合成率を比較したヒト試験では、ダブルたんぱくの方が筋たんぱく質の合成率が高いことが確認されました。吸収速度の異なるたんぱく質をダブルで摂取することによって、吸収性が持続し、筋肉合成に働くアミノ酸の血中濃度が長時間にわたって一定に保たれるためと考えられます。

最新の研究結果が示唆する「ダブルたんぱく」のチカラ
ダブルタンパクのメリット
  1. ダブルたんぱくでBCAA濃度が持続する
  2. 筋肉減少を抑制
  3. トレーニングをしていなくても筋力低下を抑制
【実体験】プロテイン毎日は危険?デメリットを解説|過剰摂取は体に悪い、腎臓に負担あり

まとめ ホエイプロテインとソイプロテインの併用が筋トレに最強

よあけ
よあけ

ホエイかソイかを選んで単独で飲むよりも、両方を1:1で混ぜて併用した方が、筋肉維持には良いと言えそうですね。

私もプロテインの取り方をいろいろ研究してみて、WPIホエイプロテインとソイプロテインを1:1で飲んでいます。

筋力維持、筋力アップしたい人は参考にしてください。

バルクス ホエイ プロテイン WPI パーフェクト

WPIプロテインを100%使用

砂糖・人工甘味料不使用

WPIプロテイン 口コミWPIプロテインおすすめ、安くて無添加|アミノ酸スコア100

スポンサーリンク