高タンパク質宅配弁当比較ランキング【お試し割引あり】

筋トレにプロテインはいらない?目的によって変えればいい

男性にソイプロテインは危険

  • 筋トレしてるけどプロテインを飲みたくない
  • プロテインいらんやろ?
  • プロテインって飲まないといけないの?
  • プロテインがまずい
  • プロテイン飲まずに筋トレしてるけど筋肉が育った

プロテインに関するいろんな悩みや結果があると思います。

プロテインを飲むことが必ずしも必須といえない場合があります。

スポンサーリンク
 

筋トレにプロテインはいらない?

よあけ
よあけ

食事から十分なタンパク質が摂れていれば、とくにプロテインを飲む必要はございませんん。

タンパク質は普段の食事から摂れていればOK

パウダーのプロテインはあくまでも補助的に摂るもの。

自分の体重g(体重が60キロなら60g)のタンパク質が食事から摂れているならOK。

バルクアップしたい人でも、1.5倍から2倍のタンパク質量が摂れていれば、プロテインを飲む必要はございません。

プロテインを飲まないアスリートもいる

アスリートの中にはプロテインを飲まない人もいるそうですがかなりレアケースです。

俳優の武田真治さんも特にプロテインを飲んだりはしていなかったそうですが、今はザバスのCMに出演しています。

食事からしっかりタンパク質を摂っていれば、プロテインを飲まなくても筋肉は育ちます。

でも、普通の人はプロテインを合わせて摂るのも有効です。

パウダー状のプロテインは体への吸収も早く低カロリーなので、筋トレ中でもダイエット中でも摂るとよいでしょう。

筋肉が育つ体の仕組みを理解すればOK

よあけ
よあけ

サラダチキンばかり食べるんじゃなく、肉、魚、卵、大豆製品などをバランスよく摂ることが大事。

筋肉をつけるならタンパク質だ!なんて思っていると思うように筋肉がつかないかも。

筋肉はタンパク質だけでは代謝しないからです。

筋肉をつけるにはタンパク質だけでなく、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルが必要です。

つまり全部。

筋肉つけたいのに糖質制限をしていると逆効果になる訳です。

もっと具体的にいうと、筋肉の代謝に関わる栄養成分、ビタミンB6、ビタミンDなどが特に重要だといわれています。

多すぎず少なすぎずの栄養バランスで5大栄養素を摂ることが重要です。

もちろん、タンパク質を多めに、体重に対して1g以上(体重60キロなら60グラム以上)は摂るようにしましょう。

ビタミンB6が多く含まれる食べ物

かつお、まぐろ、鮭、レバー、にんにく、バナナなど

筋トレ1年の体つき筋トレ効果を最大限にする食事メニュー

プロテインなしで筋トレするメリット、タンパク質の過剰摂取が防げる

プロテインなしで筋トレするメリットは、プロテインに使うお金を良い食材に使えるところです。

プロテインはタンパク質に特化した栄養補助食品なので、食材が持つ総合的な栄養価には劣る部分があるだろうと思います。

食事からのタンパク質補給は消化吸収に時間がかかるけど、その分肝臓や腎臓などの内臓には負担をかけずにタンパク質を体に取り込むことができる。

例えばプロテインでタンパク質を一度に40g摂ると、吸収が早いため肝腎臓に負担をかけてします。

食事で40gのタンパク質を摂っても、吸収がゆっくりなので肝腎臓に負担をけけにくく、体調不良になることもほぼない。

あくまで個人的な体験ですが、実際に私がプロテインを毎日2杯飲むようにしたところ、1ヶ月ぐらいで気分が悪くなってしまい、プロテインを飲むと下腹部が張ったような感覚があり、食欲も減りました。

プロテインを1日1杯にしたところ体調は戻りました。

【実体験】プロテイン毎日は危険?デメリットを解説|過剰摂取は体に悪い、腎臓に負担あり

体が細くて筋肉がつけたい人はプロテインがおすすめ

よあけ
よあけ

私のように少食、食が細い人はプロテインを飲んで筋肉育成した方が効率がいいです。

食事からタンパク質を摂るメリットは理解していただけたかと思いますが、少食の人で筋肉をさらにつけたい場合は、やはりプロテインを飲んだ方がいいです。

私のようにベンチプレスなどのウエイトトレーニングをしているなら必須です。

ある程度は筋肉を大きくしないと高重量を上げれないからです。

体が細い人はぜひプロテインと筋トレで体を大きくしてカッコいい体を手に入れてみてください。

WPIプロテイン ハイクリアーホエイプロテインとソイプロテインの併用が筋トレに最強

まとめ やり方次第で筋トレにプロテインはいらない

食事からタンパク質がしっかり取れている人なら、別にプロテインを飲まなくても筋肉は育ちます。

ですが、体が細い人や食が細い少食の人はタンパク質が不足しがちなので、プロテインを活用して効率よくタンパク質しましょう。

スポンサーリンク