プロテインを飲まない方がいい理由

プロテイン

プロテインは体に悪い?過剰摂取に注意

わたしはプロテインは飲まない派です。

それから、謝罪しなければいけません。

ブログで「筋トレやダイエットをしたいならプロテインを飲んだ方がいい」とオススメしていたからです。

その他大勢のネットの情報を信じて、私もそんな情報を参考にしていました・・・

でも、プロテインを飲んだからといって体に悪いとか主張するつもりはありません。

その理由も含めて、最後まで読んで参考にしていただければと思います。

プロテインは必要ない?

「プロテインを飲むと筋肉量が増えて代謝が落ちる」という神話がありますよね。

はじめに断っておくと「プロテイン」とは英語でたんぱく質のことなので、たんぱく質自体は必要です。

ここでいうプロテインはいわゆるプロテインパウダーのことです。

プロテインを飲んだ方がいい

by 健康食品ビジネスの方々

これは間違いでもないけど、別にプロテインを飲まなくても普段の食事を整えれば高たんぱく質・低カロリーの食事ができて、ドロドロした決して美味しいとはいえない(おいしいのもあるけど)プロテインを高いお金を出して買わなくてもいいのです。

食べたいものを我慢してプロテインで置き換えダイエットをして、空腹でフラフラになって、その反動でお昼や夕食にがっつり脂っこいものや、どんぶりご飯やパンなどの炭水化物をガッツリ食べてしまって見事にリバウンドする才能を発揮してしまい、罪悪感にとらわれて落ち込んだりする必要があるでしょうか?

プロテインで痩せたり筋肉を増やそうとする前に、食べるべきものをしっかり食べる。

普段食べているもののPFCバランスを見直す。

これだけでも痩せたり筋肉を増やすことはできます。

それでもたんぱく質が足りないときにやっとプロテインが活躍するのです。

健康食品ビジネスのフェイク情報に惑わされないで、自分の体とお財布と相談しながら食事改善してみてください。

ベンチプレス  体つき
プロテインを飲まなくなってもボディメイクに問題なし

プロテインは飲まない方がいい理由

私がプロテインを飲まなくなった理由をリストアップします。

  1. プロテインってそもそも原料は何?
  2. その原料のクオリティーや乳清となる生乳の牛の飼育方法が不明すぎる
  3. ソイプロテインもそもそもの大豆の品質が不明・オーガニックものは高価になる
  4. パウダー状態になったプロテインは開封後の変質が不明瞭
  5. マイプロテインのムシ混入事件のようなことが実際にあり、海外ブランドの製造方法や輸入の過程での品質が心配
  6. プロテインを購入する費用が結構かかる
  7. 粉でプロテインを摂るよりも食べ物からプロテインを摂った方が効果的なのでは?!という気付きがあった
  8. プロテインを飲んでいるとおならが臭い
  9. 人工的なタンパク質は腎臓を疲弊させる
  10. プロテインを飲み続けるのがイヤだ

これはまったくの個人的見解や判断なのですが、そもそもプロテインって必要あるのか?と疑問に思ったことがきっかけです。

「人工的なタンパク質は腎臓を疲弊させる」という医者が書いた文献もあり、これはよく持ち出されます。

「毎日プロテインを飲むぐらいは膵臓に影響がないから大丈夫」という人もいますが、過剰にプロテインを分解すると摂ると尿素窒素などの毒素を発生させるのが人間の体の機能です。

過剰に腎臓を働かせると、腎臓は疲れ果ててしまいます。

最強の食事」という本を読むと「プロテイン・デトックスをしよう」という内容が書かれています。

夜に炭水化物を食べて糖質を摂ろうとも書かれています。

やっぱりプロテインの摂り過ぎは腎臓に負担がかかるのです。

タンパク質を分解するときに尿素窒素などの毒素を出します。

これが多くなると健康に悪影響を及ぼし、過度にタンパク質を摂り、さらに低糖質ダイエットをしていたために心不全で死亡してしまった例もあるのです。

ちなみに腎臓が正常に働かなくなると人工透析患者になります。

他人事ではないですよね。

プロテインを毎日飲むリスク

プロテインの過剰摂取は体に毒素を溜め込んでしまいます。

タンパク質を分解するときにアンモニアを発生させます。

アンモニアは体にとって有害物質なので、腎臓で処理されて尿として排出されます。

過剰にたんぱく質を摂ると腎臓に負担がかかります。

1日に必要なたんぱく質量は体重の1.5倍gとか、2倍gという情報もありますが、通常は体重の1.2〜1.4倍g程度で十分です。

いろいろ理由を並べましたが、できればプロテインを飲みたくない
できるだけ食事からたんぱく質を摂りたいというのが本音です。

こうして私は「プロテイン飲まない派」になった

プロテインを飲まなくても筋肉がついているし脂肪も落ちている

博識ぶったことも書きましたが、多少なりとも健康にリスクがあるならば、高いお金を出して怪しいものを飲む必要はないという考えに至りました。

その分のお金で、少し高い肉を食べよう!という考えに至りました。

こうして私はよくわからないプロテインを飲まずに高たんぱく質の食事をしっかり食べる。

大好きなステーキも脂質の少ないものを選んで頻繁においしく食べる!

プロテイン 飲まない派
プロテイン 飲まない派
プロテイン 飲まない派
イオンのタスマニアビーフの安全性とおいしさは?

続きを見る

カオマンガイ マッスルデリ
マッスルデリ カオマンガイ
マッスルデリ 豆腐ハンバーグと味噌炒めセット
マッスルデリ 豆腐ハンバーグと味噌炒めセット
マッスルデリ 鶏肉の塩麹焼きセット
マッスルデリ プロテインコーンスープ おいしい
プロテインコーンスープ
マッスルデリ パンケーキ
プロテインパンケーキ
マッスルデリ スモークチキンと5種チーズのピザ
スモークチキンと5種チーズのピザ

マッスルデリ弁当は一食1000円ぐらいで毎月5食食べています。

これを参考に、毎日の食事から高たんぱく質になりように食材を変えました。

もうプロテインが必要ないくらいの1日のたんぱく質量が食事から摂れるようになったんです。

私は身長170cmで体重60kgぐらいなので、1日の摂取たんぱく質量は60g〜80gにしています。

ジャンクな高プロテイン食が出回っていますが、それも結局、人工的に作られたプロテインと同じなのでどんなバランスで食べるかはよく考えてみてください。

200円〜300円もするプロテインバーを食べるのか、100g400円の肉を食べるのか、どちらを選択するかは自分でできるはずです。

プロテイン飲まない派 の私がプロテインを飲まない理由

プロテインを飲まなくても問題なし
  • 普段の食事を高たんぱく質のものに変更する
  • プロテインを飲むより本物の肉を食べる
  • 食事を整えればプロテインを飲む必要は全くない

「プロテインを飲み続けるのはイヤだな」とか「結構金銭的に負担になっているな」とか「自分の目指す体に本当にプロテインは必要なのか」とか自問自答してみてください。

プロテインは体に悪い!過剰摂取は腸内環境を悪くする

「現代人はたんぱく質不足」

「たんぱく質で肌がきれいになる」

「プロテインダイエットで痩せる」

「サラダチキンは高たんぱく質で低脂肪」

「筋肉をつければ代謝が上がって痩せることができる」

たんぱく質」のイメージが上がり、高たんぱく質ブームといえる社会になっていると言ってもいいくらいの世の中になってきました。

さまざまな味や品質のプロテインが発売され、プロテインバーや高たんぱく質フードが非常に増えています。

炭水化物と脂質にかたよった食べ物が市場を牛耳っていた以前と比べると栄養の意識が高まっていおり、非常によいことです。

ですが、たんぱく質の過剰摂取は体に悪影響があることを知らない人のが現状です。

プロテインを毎日飲んでいると、なぜオナラやウンチが妙に臭くなるのか?

プロテインは毎日飲んでも大丈夫なのか?

たんぱく質の過剰摂取は本当に悪影響なのか?

私は現在、プロテインをほぼ飲まなくなりました。

やっぱり食事からきちんとたんぱく質を摂ろうという思考に変わったからです。

私はしばらくの間プロテインで筋肉を増やすという思考でしたが、マイプロテインの事件をきっかけにプロテインの品質や製造過程自体に深く疑問を抱くようになりました。

プロテインのたんぱく質の製法や原料となる乳清の質など、プロテインにまで加工されてしまうとどんな品質なのか、牛がどうやって育てられたのかまではわからなくなります。

だからといって高品質で高価なプロテインを飲むとかは経済的にも本末転倒です。

だから私は、まずは食事でたんぱく質を十分に摂るという基本に立ち返るようになりました。

プロテインは体に悪い!プロテインのデメリット

プロテインやプロテイン食品は手軽にたんぱく質が摂れるので非常に便利です。

便利だから、体にいいからと言って過剰摂取するのは危険です。

ポイント

  • カロリーオーバーして太る
  • 腸内環境が悪くなる
  • カラダに毒素を増やしてしまう
  • 腎臓に負担をかける
  • 味付けに添加物が入っている

健康を考えるとどれも危険度の高い項目ばかりです。

タンパク質をしっかり摂ると満腹感が得られるのは何故なのか?

脳が「これ以上のタンパク質はいらないよ」とメッセージを出しているとしたら?!

私はそんなふうに考えています。

これはどんな食べ物にもいえることですが、食べすぎたり飲みすぎたりすればどんなものでも体に悪影響です。

プロテインは飲みやすい分、水のように飲んでしまえば太ってしまうし、体に負担をかけるのは当然のことです。

たんぱく質は、体に吸収されて分解するときに毒素を出すことがわかっています。

ですから、目的にあった必要最低限の量のタンパク質を摂っておけばいいのです。

参照

タンパク質の合成にはアンモニアなど有害な物質が生成するが、肝臓はアンモニアを毒性の低い尿素(にょうそ)に変えている。尿素は腎臓(じんぞう)に集められ、膀胱(ぼうこう)を経て、尿道から体外へと排出される。

高等学校理科 生物基礎/内臓と体内環境 - Wikibooks

タンパク質を過剰に摂取してしまうと、その分多くの窒素を尿に変換しなければならなくなります。そのため肝臓や腎臓にかかる負担が普段よりも大きくなり、内臓疲労を引き起こしてしまう可能性があるのです。

腸で吸収しきれないシュウ酸は尿として排泄されます。シュウ酸が尿に含まれるカルシウムと結合してしまうと、石のようなかたまりとなって排泄されにくくなり尿管を詰まる原因となるのです。

タンパク質の摂りすぎは危険!?過剰摂取による影響とは|グリコ

肝臓と腎臓に負担がかかりすぎると、毒性のあるアンモニアがカラダに溜まります。

肝臓と腎臓はアルコールの分解でも活躍します。

肉を食べてお酒を飲むとダブルで肝腎臓に負担をかけるので、暴飲暴食は控えますよね。

アルコールの場合「休肝日を作ろう」なんて言われます。

たんぱく質の過剰摂取は尿路結石になる原因にもなるおそれもあります。

吸収されなかったたんぱく質が腸に送られると悪玉菌のエサになり、腸内環境が乱れやすくなります。

たんぱく質摂取も週に1回ぐらいはたんぱく質を控えた方がいいと「シリコンバレー式最強の食事」には書かれているほどです。

Aさんは高たんぱく質の食事を続けても体調に影響がないのに、Bさんは体調が悪くなったなんてことが起こります。

身体機能の性能には人それぞれ差があるので、自分の体の機能がどの程度のものなのかは、自分で把握して行かなくてはいけません。

積極的にカラダに悪影響を与えてしまうなんてバカらしいですよね。

プロテインには添加物が入っている

低カロリーブームの影響を受けて、プロテインにはスクラロースという体にとって歓迎できない人工甘味料が使われています。

スクラロースはもちろん日本の法律で許可されている甘味料なのですが、その開発経緯などは体にいいものではないです。

味覚を狂わせる物質ともいえます。

危険な人工甘味料
危険な人工甘味料(1)スクラロース

続きを見る

プロテインで太る?

プロテインは太る

プロテインは確かに、手軽にたんぱく質を補給するにはとてもいいです。

だからといって運動しない人が毎日1杯以上飲むのはオススメしません。

筋肉に対して刺激を与えていないのに、筋力が強くなるわけではないからです。
筋トレでも筋肉に刺激を与える高負荷トレーニングや重量トレーニングを行っている人には効果があるでしょう。

ですが、運動しない人が過度にプロテインを摂っても、栄養として使われずに余分なタンパク質は脂肪となって蓄えられるので太る原因になるます。

過度なたんぱく質摂取は排出するときにアンモニアなどの有毒性のある物質を出してしまうというリスクもあります。

プロテインを飲まない方がいい理由は原材料が不明・・・

プロテインは太る

ホエイプロテインの場合、乳清からプロテインが作られます。

ソイプロテインは大豆から作られます。

その原料となる乳牛の育成方法や大豆の栽培方法など、どのように作られているのかが大抵は不明です。

私が実際にプロテインやサプリメントを飲んでいて、ずーと疑問に思っていたことです。

例えばHMBサプリのHMBって原材料は何??って調べても、〇〇の牛から作られたとか、具体的な原材料が何も出てこないんですよね。

》HMBサプリ効果検証ブログ

プロテインも同じく、原材料がどのように育成されたのか、収穫されたのかが不明です。

原材料が国産なのか輸入なのかがもわからない。

輸入品ともなると法律も基準も違います。

消費者としては非常に不安です。

たんぱく質のグラム数を稼ぐためだけの栄養摂取って本当に必要なの?!

突き詰めると、プロテインやサプリメントに頼るよりも、きちんと食事をした方が楽なんですよね。

プロテインも加工食品である

タンパク質を摂るのを食事メインにすれば、ある程度はその食材がどんな飼育をされたのかを追えます。

生産国や飼育方法が表示されたグラスフェッド牛のようなものもあるのです。

食事からタンパク質を摂ることを基本にすると、加工物であるプロテインのようなよくわからないリスクは避けられるのです。

オーガニックプロテインのようなものは非常に高価ですし、それならきちんと肉を食べようって感じです。

健康食ブームの害は「それを食べたら健康だ」みたいな偏った安直な思考になってしまうことです。

私自身、サプリメントやプロテインに凝り始めて、いろいろ食べたり調べたりしているうちに「実はコスパが悪い」ってことに気がつきました。

プロテインバーとかやたら高くないですか?

サラダチキンとかはまだ鶏肉なのでまだいいですが、プロテインバーってただの高たんぱく質のお菓子ですよ。

それならハイカカオのチョコレートを食べた方が美味しいしカラダにいいでしょう。

ポイント

朝にプロテイン(P25g)、昼にサラダチキン(P25g)、おやつにプロテインバー(P16g)とヨーグルト(P12g)、筋トレ後にプロテイン(P25g)、夜に鶏胸肉にブロッコリー(P25g)=1日の摂取たんぱく質量128g

ボディービルダーでも目指すのか?ってぐらいのたんぱく質量になります。

たんぱく質に偏りすぎてPFCバランスが崩れてますね。

1日の必要摂取カロリーをたんぱく質で占めてしまうと、他のものをあまり食べることができなくなるんですよね。

一時期私はこれに似た食事をしてしまい、もうサラダチキンを見るのさえイヤになってしまいました。

美味しいプロテインを見つけても、1ヶ月も飲むと非常にあまったるく感じてしまい、飲むのに飽きてしまっていました。

実際、甘味料とか入っているので、本来カラダに不要なものも摂取してしまうわけです。

そこで気がつきました

普通に肉を喰おうと

プロテインを飲むな!とは言いませんが基本は食事からタンパク質を

バランタイン グラスフェッドバター 発酵バター無塩 250g
和牛ランプ牛にグラスフェッドバターをのせて
タスマニアビーフ イオン
イオンのタスマニアビーフ

プロテインを飲むのをやめて肉をちゃんと食べるようになったらむしろ痩せやすくなりました。

プロテインの置き換えダイエットよりも美味しいお肉を食べてダイエットできるんだから、美味しいお肉を食べた方がいい。

イオンのタスマニアビーフの安全性とおいしさは?

続きを見る

三大栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物)それに加えてビタミンとミネラルをバランスよく摂ってこそ健康な体が作られます。

「食事改善」や「安全な食材を選ぶ」といった肝心のことを忘れてプロテインに頼ってしまうのは食事の楽しみを放棄しているようなものです。

プロテインよりも肉の方が断然うまい!!

あたりまえです。

いい肉を少しだけ食べれば、脂質も必要範囲内に摂れるし、なによりおいしい。

美味しいものを食べるために健康に気をつけてるんだから、普段の食事を我慢したり犠牲にする必要なんて全くないです。

プロテインは体に悪い まとめ

  • プロテインの原材料がわかりにくい・不明
  • たんぱく質の過剰摂取はカラダに負担がかかる
  • プロテインは正直どれも美味しくないし飽きる
  • お肉を食べるなど、食事からたんぱく質を摂った方が美味しいし楽しい
  • 高たんぱく質食が増えているので、プロテインに頼らなくても必要最低限のたんぱく質を摂ることができる

\記事が役に立ったと思ったらシェアや感想をお願いします/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

shinji

ベンチプレス ・ケトルベルトレーニングにはまっているアマチュアトレーニーです!/マッスルデリ・バターコーヒー 愛用2ヶ月で3.3kg痩せた/筋トレ、ダイエット、アンチエイジングが趣味な健康オタク/エッセンシャルオイル歴8年以上のアロマ男子/筋トレやダイエットの結果には個人差があり、効果を保証するものではありません/商品の実体験記事の執筆をご希望の場合、お気軽にお問い合わせください /資格:ネットショップ実務士レベル1/基礎心理カウンセラー

-プロテイン