バターコーヒーインスタントおすすめ【人気】

WPIプロテインを飲んでみた|下痢でお腹ゴロゴロは乳糖不耐症

WPIプロテイン 口コミ

筋肉弁当で圧倒的なたんぱく質量と脂質の低さ “マッスルデリ”

豆腐ハンバーグと味噌炒めセット【GAIN】内容量 420g、たんぱく質 58.4g、脂質 6.1g、炭水化物 66.5g

》Muscle Deliのキャンペーン

  • プロテインを飲むとお腹がゴロゴロして下痢になる
  • WPIプロテインを飲んでみたいけど不安
  • WPIプロテインはまずい?
  • WPIプロテインは高くて手が出ない

WPIプロテインに関する疑問をまとめました。

WPIプロテインを飲んだことがない人は参考にしてください。

スポンサーリンク
 

WPIプロテインを飲んでみた正直な感想

WPIプロテイン ハイクリアー
よあけ
よあけ

WIPプロテインを飲んでみた感想は「お腹が痛くならない!」です!

これは個人的にとても嬉しいことなのです。

味も匂いもないけどプロテイン的食感だけある。

私は普通のホエイプロテインを飲むとお腹がゴロゴロと下痢気味になってしまいます。

そのためにソイプロテインを愛用していました。

ところが、ソイプロテインにもデメリットがあって、筋肉増加したい場合にはホエイプロテインよりは効果が少し劣るんですよね。

ホエイとソイはタンパク質以外の栄養構成が違うので、体内に入った後の代謝も違います。

筋肉増量したい場合はやはりホエイプロテインには敵いません。

お腹が弱い人がホエイプロテインを飲むなら、WPIプロテイン一択といった感じです。

WPIプロテインとは? Whey Protein Isolate Protein

WPIプロテイン 口コミ
WPIプロテイン ハイクリアー
  • 味がない(まずい)
  • 溶けづらい
  • 泡立ちやすい
  • 値段が高い
  • タンパク質純度が高い
  • 筋肉に必要なロイシンがたくさん入っている
  • 乳糖がほぼ含まれていないので乳糖不耐症の人に向いている
  • ホエイプロテインから脂肪が除去されている

WPIプロテインとは、ホエイプロテインから乳糖と乳脂を取り除いたホエイプロテインです。

乳独特の風味がなく飲みやすく、乳糖不耐症の人でも飲めるホエイプロテインです。

値段が高いものが多いのが欠点です。

無添加なので溶けづらく泡立ちしやすいのも特徴です。

WPCプロテインは乳糖が残っているので、似た名前ですが間違えないように気をつけましょう。

よあけ
よあけ

WPIプロテインがよいプロテインだということはわかるけど、まずいとか高いとか、デメリットが目立ちすぎます。

アミノ酸スコアとは?

アミノ酸スコアとは、タンパク質と必須アミノ酸のバランスを数値化したものです。

必須アミノ酸(イソロイシン・ロイシン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・スレオニン・トリプトファン・バリン・ヒスチジン)は体内で作り出せない9種類のアミノ酸です。

必須アミノ酸が不足しているとうまく体を再生してくれません。

ほとんどのプロテインはアミノ酸スコアが高いはずです。

ちなみにトレーニーがよく飲んでいる、BCAAとは、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸のことです。

BCAAを運動前に摂ると、筋肉にたまる乳酸の上昇を抑えてくれるので、筋肉が疲れにくく運動パフォーマンスが上がりやすいです。

MEMO

ホエイプロテインはソイプロテインに比べてBCAAの含有率が高いといわれています。

だからできればホエイプロテインの方が筋肉育成のメリットがあります。

乳糖不耐症とは?

乳糖不耐症とは、牛乳の中に含まれる乳糖が消化不良になりお腹が痛くなったり下痢になったりする症状のことです。

私が小中学生の頃の給食は毎日牛乳が出ていました。

毎日のようにお腹が痛くなり、ほぼ毎日授業中にトイレに行くような子供でした。

大人になってもこれは改善せず。

どうやら乳糖不耐症だということは、プロテインを飲み始めた数年前に気がつきました。

ホエイプロテインを飲むと、必ずお腹が痛くなっていたのです。

ハイクリアーのWPIプロテインを飲んだ正直な感想

よあけ
よあけ

WPIプロテインは、恐れていたほど不味くない。

好きな味のソイプロテインと混ぜれば私でも飲める!

WPIプロテイン ハイクリアー
ハイクリアーWPIプロテインとソイプロテインのMIX

WPIプロテインの中でもハイクリアーのプロテインを購入してみました。

ソイプロテインがハイクリアーばかり飲んでいるので信頼もありました。

WPIプロテインは味がない分、いろんなものに混ぜて飲むことができることがわかりました。

ハイクリアーWPIプロテイン(ピュア)の成分や特徴

  • ホエイプロテインから乳糖や脂質を除去
  • 粉がサラサラで粉が舞いやすい
  • 混ざりにくく泡立ちやすいということだけど、実際はあまり気にならない程度
  • 乳臭い感じがまったくない
  • 飲んでもお腹がゴロゴロしない
  • 飲んでも下痢にならない
  • 純度の高いタンパク質が摂れる
  • 筋肉に必要なロイシンが多い
  • ハイクリアのWPIは低価格
  • アミノ酸スコア100
  • 原産国はアメリカで国内加工

栄養成分表示(25gあたり)

  • カロリー 91kcal
  • タンパク質 22g
  • 脂質 0.00g
  • 炭水化物 0.8g
  • 食塩相当量 0.075g

まとめ WPIプロテインを飲んでみた感想

乳糖不耐症の私でもハイクリアのWPIプロテインなら、お腹を壊すことなくホエイプロテインを飲むことができました。

WPIプロテインとソイプロテインを25gの半分づつ入れて混ぜることにより、動物性プロテインと植物性プロテインを、1杯あたりタンパク質量およそ20gぐらい取ることができます。

添加物が入っていないのも気に入りました。

低価格なのも嬉しいです。

MEMO

WPIプロテインとソイプロテインは1:1の分量がおすすめ。

25gの半分づつ入れて混ぜると味や栄養のバランスがいいかと思います。

スポンサーリンク
 

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。