飽きない!甘くない人工甘味料不使用ソイプロテイン特集

脂肪燃焼にはやっぱりランニングが一番!トレッドミルの効果とメリット

フィットネスジム  ランニングマシン

ゴリゴリに筋トレしていてもスレンダーでシックスパックを保つ方法は、やっぱりランニング!

カリスマトレーナーのようにチートデイに好きなものを食べていたらすぐにリバウンドしてしまった!
そんな経験はないでしょうか?

筋トレもちゃんとしているし、食事制限もしている。

だからときどき大好きなスイーツやラーメンやハンバーガーをご褒美で食べているってありがちです。

もちろん週1回ぐらいのチートデイはいいと思います。

筋トレに夢中になっていたらがっつり筋肉がつきすぎてしまったけど、お腹はぽっちゃりのまま。

そんな人もいるかもしれません。

カリスマトレーナーとの違いはなんでしょうか?

スポンサーリンク
 

脂肪燃焼にはやっぱりランニングが一番

筋トレをがっつりしている人でもスレンダーな人はランニングをトレーニングに取り入れています。

ランニングは脂肪燃焼にはやはりとてもいいです。

体に負担をかけることなく、適度にカロリー消費をしてくれます。

でもカロリー消費=脂肪燃焼ということでもないんですよね。

ランニングのデメリット やりすぎは注意

ランニングのデメリットは筋肉まで落ちてしまうことです。

走りすぎるとかなりの割合で筋肉も落ちます。

ですからジムでも、ビルダータイプの人がランニングマシンで長時間汗を流しているという光景をみたことがありません。

逆にランニングを適度に取り入れていれば、ゴリゴリに筋肉がつくことがなく、スレンダーな体型を作ることができるというわけです。

有酸素運動・ランニングの効果とメリット

ランニングのメリットは、体にあまり負担をかけることなく体脂肪を減らせる点にあります。

ランニングしていて苦しければ速度を落とせばいいし、まだまだイケると思ったら速度を上げればいい。

体力に自信がなければウォーキングよりも少し早いぐらいの速さからでもかまわないので、少しだけでも走ってみましょう。

はじめはきついと感じるかもしれませんが1週間もすれば、かなりの速さで走れるようになるはずです。

ランニングを行えば体力+持久力もつきます。

トレッドミルの効果とメリット

ランニングマシンって退屈じゃないの?
私はジムでランニングマシン(トレッドミル)を使うまでそんなふうに思っていました。
でも実際に使ってみるとメリットの方が多いのです。

外を走るメリット

  1. 外気を感じながら走ることができるので爽快感がある
  2. 景色を楽しみながら走ることができる

外を走るのは気持ちがいいものですが、実は私自身はデメリットを感じることが多かったのです。

外を走るデメリット

  • ドリンクボトルを持ちながら走るのが少しうっとうしい
  • 突然の天候の変化で雨に降られることがある
  • 突然体調が悪くなっても、時間をかけて歩いて帰らなければならない
  • 突然トイレに行きたくなって困ることも
  • 暑すぎる日や寒すぎる日など、季節によって走るのが嫌になる

ランニングマシンを使うと外を走るデメリットのほとんどをカバーできるのです!
ランニングマシンのメリット
  • 外を走るのと違い室内ランニングマシンは怪我や交通事故のリスクがほぼないこと
  • 万が一、体調が悪くなってもすぐに止めることができる
  • 天候に左右されない
  • 暑さや寒さなど、季節に左右されない
  • 好きな音楽を聴きながら、まるで踊っているようにランニングに集中できる
  • 消費カロリーがマシンでほぼ正確に計測できるのでカロリーコントロールしやすい

外で走る場合、音楽を聴きながら走ると、交通量が多い道の場合は交通事故の危険性は高まります。

室内ランニングの場合は突然車と衝突する!なんて事故はまずありえないのです。

ビークイック 口コミ評判

事故の危険がないので、音楽を聴きながら走ることに集中できました。

ランニングは私にとって音楽を聴きながら踊るように走ることができる、ストレス発散の大切な時間なのです。

消費カロリーを設定して走ることもできるので、カロリーコントロールもしやすいのです。

ランニングの消費カロリー

どれぐらい走れば痩せることができるのか?

ランニングでカロリー消費するにはどれぐらいの時間走ればいいのか?

私の場合、いろいろ試した結果、ランニングは15分〜20分程度にしています。

ジムに行ってランニングだけして帰ることがないのですが、もしもランニングだけするとしても20分程度です。

以前はランニングが好きでマラソン大会にも参加していたので、練習でも1時間ほど走ることがありました。

今は短時間で効果的に走るようにしています。

長時間走ると疲れすぎて、その日はほかのことができなくなったりしてパフォーマンスが下がってしまいます。

ランニングマシン 消費カロリー

ランニングの消費カロリー

私の場合、時速10キロ程度で走っています。

その時の消費カロリーと時間がこのようになります。

  • 150kcal消費するのに15分ほど
  • 走行距離は約2キロ
  • 走行スピードは時速9キロ程度(写真は撮影のために5キロに落として撮影してます)

150kcal消費したければ15分程度走る、といった感じです。
5分に1回ぐらいのペースで速度を落として水分補給するようにしています。
スマホで好きな曲のプレイリストをいくつか作ってあるので、気分で変えて楽しんでいます。
15分程度ならあっという間で、室内で走っていても飽きないです。

私が15分ランニングをしている理由

  1. 体脂肪を絞る
  2. 筋肉量を極端に落とさない
  3. 飽きない
  4. 疲れすぎない
  5. ほかのトレーニングと組み合わせやすい

ランニングでよくある疑問にも答えておきます

速く走った方が痩せる?

もっとスピードをアップして走ってしまうと、それは脂肪燃焼効果よりも心肺機能アップとなるトレーニングになるので、早く走れば消費カロリーが増えるというわけでもないので注意です。

早く走るのが苦手ならば、じっくり早歩き程度で行うのがおすすめです。
体重変化に影響する消費カロリーは増えるでしょう。

空腹で走った方が痩せる?

空腹で走ると体の体脂肪を分解してエネルギー源として使われやすいので、体脂肪を減らしたい場合は空腹で走る方が効果的です。

糖質の多い食事、つまり炭水化物を摂った後にランニングをすると、その糖質をエネルギー源として使うため、体脂肪は減りにくいといわれています。

食事のタイミングも気をつけるべきです。

走るのをやめたらリバウンドする?

走るのをやめたらリバウンドします。

体質や年齢にもよりますが、経験上、走るのをやめたらまた元の体型に逆戻りしています。

じゃあ走り続けないといけないのか?

ってことなのですがその通りです。

外を走っていたときは暑すぎる季節や寒すぎる季節に走らなくなって、そのままランニングする習慣を失ってしまっていました。
今はジム通いをはじめたので、季節に左右されずに定期的にランニングができています。
事故の心配もなく音楽を楽しみながら走ることができるので、控えめに言っても最高です。
ビークイック 評判!安いフィットネスジムに入会した感想

スポンサーリンク