MENU

筋トレの超回復とは?疲れ回復の仕組みを解説

目次で探す

筋トレの疲労と超回復の仕組み

超回復とは?

超回復とは筋トレで傷ついた筋繊維を回復させた結果起こる筋肥大のこと。
筋肉を超回復させることにより筋肥大が起きる。

筋肉量を増やし、より高重量のトレーニングができるようになります。

筋肉を作る原材料となるタンパク質をしっかり摂りましょう。

筋トレで疲れるのは当たり前

疲労回復物質の反応を高めるにはイミダペプチド

人の体は運動すると大量の酸素を消費する。

そのときに発生する疲労因子が疲れを感じさせる。

もし疲労感を感じることなく運動し続けると、体に大きな負担をかけてしまいそのまま倒れたり大怪我をすることもある。

疲労因子が発生するとそれをリカバリーするのが疲労回復物質だ。

疲労回復物質の反応を高めるには、イミダペプチドと呼ばれる物質を摂るのがおすすめ。

イミダペプチドは鶏や豚、牛などの肉に含まれるタンパク質の一種。

筋トレ後はプロテインだけじゃなく、ランプ牛のステーキや鶏肉などをよく食べるようにしています。

高負荷のウエイトトレーニングの後に軽めのランニングを行うのも、脂肪燃焼効果だけでなく疲労回復にもいい効果がある。

トレーニング後のストレッチも早期の疲労回復につながるので、ストレッチもしっかり行おう。

筋トレのやり過ぎに注意

早く結果を出したいからと筋トレのやりすぎ、つまりオーバーワークをしてしまうと、疲労回復に時間がかかり体力が回復せず筋肉も育たない状態になりがちです。

筋肉が育たないからパフォーマンスも上がらない。

短時間で効率の良いトレーニングセットを組む研究もしてみよう。

抗酸化作用のあるものを摂る

  • イミダペプチド
  • ビタミンB群
  • パントテン酸
  • カルニチン

鶏の胸肉、豚肉、たらこ、ラム肉、ひよこ豆など

良質の睡眠をとる

疲労回復には睡眠の質を上げることも大切だ。

良質の睡眠は疲れた体はもちろん、脳も休めてくれる。

疲れが抜けない場合はその他の環境ストレスを見直そう

疲れが抜けない、だるいなどの症状はストレスからもくる。

仕事やスマホ、パソコンなどから受けるストレス。

人間関係から受けるストレス。

不規則な生活から受けるストレスなど、見直せる点は見直そう。

ストレス解消にランニングがおすすめ

筋トレは筋肉の動かし方や正しいフォームなど、結構頭を使うことが多い。

ランニングにも正しいフォームがあるが、できるようなれば脳の負担も軽い。

適度な有酸素運動を行うことで脳はスッキリする。

ランニングで公道を走るコースの場合、車などに気を付ける必要がありこれもストレスがかかる。

ジムのトレッドミルなら好きな音楽を聴きながら無心で走ることができるため、ストレス発散には非常におすすめです。

ランニング後にはスッキリしているはず。

体に負担をかけないトレーニングの順番

ベンチプレス(高負荷トレーニング)→マシントレーニング→トレッドミル(有酸素運動)→ストレッチ(柔軟)

ジムでトレニングするときはいつも、ベンチプレス→マシントレーニング→トレッドミル→ストレッチ(柔軟)の順にやっています。

負荷の高いトレーニングから徐々に軽くしていって体を整えています。

  • URLをコピーしました!
目次で探す
閉じる