MENU

ケトルベルスナッチのやり方「瞬発力を効果的に鍛える」ケガにも注意

目次で探す

ケトルベルスナッチは全身に効果的

瞬時にケトルベルを頭上まで持ち上げるスナッチは、ケトルベルトレーニングの中でも全身の筋肉を鍛えるには最適のトレーニングです。

ケトルベルスナッチをやってみたい初心者の人に向けてやり方の習得方法や注意点をまとめました。

ケトルベルスナッチで鍛えられる筋肉・効果

  • ハムストリング
  • 背筋
  • 大腿四頭筋
  • ヒップ
ケトルベルトレーニング

自重トレーニングではなかなか鍛えられない筋肉に効かせることができます。

楽しんでケトルベルをやっているうちに、どんどん体が引き締まっていくのを感じるでしょう。

ケトルベルスナッチのやり方・フォーム

ケトルベルスナッチを120回
  • 筋力で上げるのではなく、ドロップとバックスイングの反動を使って「ポーン」と上にあげるイメージで行うとうまく出来ます。
  • トップポジションで一瞬止まりましょう。
  • このときに肘が曲がっていると停止できずにフラつくので、腰・肩・肘・ケトルベルを一直線上になるようにすると楽にトップポジションをキープできます

はじめのうちはトップポジションで手首にケトルベルが「ゴン!」とあたってしまうと思います。

この解消法などもありますので説明していきます。

ケトルベルスナッチのやり方・コツ

ケトルベルスナッチ解説|黒船ケトルベル

高橋さんのフォームは制限時間内にたくさんの回数を行う競技系のフォームです。

初心者には難しいケトルベルスナッチ。

ケトルベルインストラクター高橋里枝さんの動画で、ケトルベルスナッチをスロー動画で分解して正しいフォームを確認できます。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

JBスポーツボクシング&NPO法人日本ケトルベル連盟(@samuraiberry)がシェアした投稿

  1. トップポジション
  2. ドロップ
  3. バックスイング
  4. ハンドインサーション
  5. トップポジション

 
スポーツ系のケトルベルではこれを10分間行います。

ハンドインサーションの練習方法

裏ビンタするような感じで手首を使うとよいそうです!
私もこれはまだまだ上手に出来ません。

スナッチの注意点

重いケトルベルを、片手で頭の上まで勢いよく上げるので危険度も上がります。

個人でやる場合はケトルベルスイングなどの基礎トレーニングをしっかり行い、ケガには十分に注意しましょう

まとめ|ケトルベルスナッチをはじめよう

ケトルベルスナッチは、はじめは軽めのケトルベルで行いましょう。

フォームを覚えるまでは無理をしない方がいいです。

私もまだまだケトルベル初心者ですが、興味があれば是非一緒にトレーニングしていきましょう。

  • URLをコピーしました!
目次で探す
閉じる