プロテインの種類や効果

プロテインには大きく分けて3種類あります。

  1. ホエイプロテイン
  2. ソイプロテイン
  3. カゼインプロテイン

ホエイプロテインは牛乳の乳清から出来ており体への吸収が早いです。

ホエイプロテインは分岐鎖アミノ酸(BCAA)が含まれており、筋力維持にはもっとも良いプロテインです。

ソイプロテインの原料は大豆で、体への吸収がゆっくりで腹持ちが良いと言われています。

カゼインプロテインは、牛乳からホエイと脂肪を取り除いた固形成分です。

よあけ
よあけ

私はホエイプロテインの臭いや後味が苦手なので、当ブログではソイプロテイン中心のレビューとなっており、申し訳ありません。

ソイプロテインのおすすめ

たくさんのプロテイン商品が出ています。

その中からおすすめのソイプロテインを紹介します。

ハイクリアー(HIGH CLEAR)というブランドのプロテインは価格い安く、プロテイン以外の栄養分もたくさんバランス良く配合されています。

ハイクリア 国産ソイプロテイン 黒糖きなこ味 口コミ評判ソイプロテイン人工甘味料不使用おすすめレビュー|ハイクリアープロテインの成分・タンパク質含有量

プロテインスープもおすすめ

よあけ
よあけ

プロテインだけでは飽きてしまう人にはプロテインスープの活用もおすすめです。

マッスルデリ プロテインコーンスープ おいしい

プロテインの摂取方法は今やパウダーのプロテインだけではなく食品でも摂ることができます。

その中でもマッスルデリのプロテインスープ(コーン味・ポタージュ味)は一袋で15gほどタンパク質が摂れる優れものです。

普段の食事にプラスするだけで手軽にタンパク質量をUPしてくれます。

しかも非常においしいです。

マッスルデリ パンとコーンスープ・ポタージュスープ(限定クーポンあり) マッスルデリのバラエティセットの感想|弁当・ピザ・スープ・パンケーキがセットに!

\ ダイエットやボディメイクに最適な食事 /

Muscle Deli キャンペーン

ソイプロテインのデメリット

ソイプロテインはホエイプロテインに比べて吸収が遅いので、筋トレにはデメリットがあると言われています。

筋力アップ面で見ると確かにそうなのですが、どうしてもホエイプロテインが苦手な場合は無理に飲む必要はなく、ソイプロテインでも構いません。

ダイエット目的、美容目的の女性は特にソイプロテインの方がよい場合もあるでしょう。

ソイプロテインは絶対ダメ?ソイプロテインは絶対ダメ?ホエイプロテインと比較考察

プロテイン自体のデメリットは、過剰摂取をすると体に負担をかけてしまう点です。

これには個人差があり人によって様々です。

私は実際に1日のタンパク質摂取量、プロテインを1日2杯飲み続けたら1ヶ月後ぐらいには体が重く感じてプロテインが飲めなくなり体調不良になりました。

気分が悪くなったり、体調が悪くなったと感じれば飲む量を減らしたり、飲むのをやめてみましょう。

【実体験】プロテインのデメリットについて解説|過剰摂取は体に悪い

プロテインで太る?プロテインダイエットの方法

プロテインをダイエット目的で飲む場合は、必ず置き換えダイエットを行いましょう。

普段の食事を食べておやつも食べてプロテインを飲めば、確かにタンパク質は取れるようになりますが、完全にカロリーオーバーです。

まずは糖質や脂質の多いおやつを食べるのをやめる。

食事の量を減らしたり、一食をプロテインだけに置き換えたりしましょう。

1日の摂取カロリーを減らさないと、プロテインを飲むだけでは脂肪が落ちて痩せることはありません。

16時間は断食をして8時間のうちに食事やおやつを食べる16時間断食(ファスティング)はおすすめです。

16時間断食16時間断食のデメリット|痩せない原因4つと結果を出すやり方