バターコーヒーのダイエット効果「最強の食事」で4kg痩せた体験談

ファミマのバターコーヒーのカロリーと成分とダイエット効果

ファミリーマートでもバターコーヒー が販売されています。

ファミマ バターコーヒー
  • バターコーヒー って何?
  • バターコーヒーっておいしいの?
  • バターコーヒーにどんな効果があるの?
  • バターコーヒーダイエットって何?
  • コーヒーにバターなんか入れたら太るんじゃない?!
  • そもそもバターコーヒー売ってないんですが・・・

バターコーヒーのいろんな疑問に答えていきます。

スポンサーリンク
 

ファミマ限定バターコーヒー 2021年 新発売

ファミマ バターコーヒー

ファミマのバターコーヒーが新しくなって発売されました。

  • バターコーヒー
  • 発売日:2021年2月23日
  • ファミリーマート通常価格184円(税込198円)

ファミマのバターコーヒー売ってない?販売終了?

ファミマのバターコーヒー 、私の近所のコンビニでは見かけなかったんですよ。

もう販売終了しているのでは?!と思ってネットを調べてみたら、今でもファミマのバターコーヒー を飲んでいる人が結構いたんですよね。

「ファミマのバターコーヒーは地域限定発売なの?」って思っていたのですが、ついに見つけました!

地元のファミマにありました!!

よあけ
よあけ

室井さん、バターコーヒー を発見!

青島!確保だ!

ファミマ バターコーヒー ダイエット
ファミマのバターコーヒー を発見!

ついにファミリーマートでバターコーヒー を発見しました。

2個まとめ買いしました。

売っているファミマと売ってないお店があるので、数店舗の近くのファミマをチェックしてみてください。

ファミマのバターコーヒー について

ファミマ バターコーヒー ダイエット
ファミマのバターコーヒー

ファミマのバターコーヒー はバターコーヒー ブームの2016年の翌年、2017年から発売されています。

バージョンアップされて現在のファミマのバターコーヒー になっています。

【商品名】バターコーヒー

【価格】税込:198円

【容量】240ml

【内容】 牧草主体による通年の放牧酪農で育った牛の生乳から作られた”グラスフェッドバター”と、MCTオイルを使用した、風味豊かなバターコーヒーで“糖類ゼロ”、砂糖・香料不使用

ファミマのバターコーヒーのカロリーと成分

ファミマ バターコーヒー ダイエット
ファミマのバターコーヒーの成分

ファミマのバターコーヒーの詳細を調べてびっくり!

販売はドトールコーヒーなんです。

製造所は大阪の和泉市にある日本酪農共同株式会社というところでした。

なんと目と鼻の先で、関東限定かと思っていたら全然違いました。

ファミリーマート・バターコーヒー 成分表示

栄養成分表示の表示が100ml当たりなので換算します。

  • 内容量240ml
  • カロリー 158.4kcal
  • 炭水化物 1.44g(糖類0g)
  • たんぱく質 0.96g
  • 脂質 16.56g
  • 食塩相当量 0.22g

原材料

  • バター
  • 植物油脂
  • コーヒー
  • 乳化剤
  • カゼインNa
  • 乳成分・大豆が含まれる
  • 無脂乳固形分 0.0%
  • 乳脂肪分 3.2%
  • 植物性脂質分 2.8%

乳化剤などが入っていますが、商品としては妥当なところですね。

商品区分は「乳飲料」となっていますので、ある程度の乳成分は必要です。

砂糖や香料は含まれていないません◎

パッケージにも書いてある通り、ファミマのバターコーヒー にはグラスフェッドバターとMCTオイルが使われているようです。

但し書きにもありますが、100%グラスフェッドバターというわけではなく、一部穀物飼料で育った牛からの原料が使われることがあるフラスフェッドバターのようです。

まぁ、正直に書いているので商品として誠実かと思います。

【危険?!】リニューアルされたファミマなバターコーヒー(スイート) のカロリーと成分

ファミマ バターコーヒー

(左から)バターコーヒースイート・バターコーヒー ・旧バターコーヒー

リニューアルで、レギューラーのバターコーヒーはパッケージが変わっただけで、内容・成分は同じでした。

今回、甘口のバターコーヒー「バターコーヒー・スイート」が追加されました。

甘味料(アセスファムK、スクラロース)が入っています。

スクラロースは低糖質商品によく使われていますが、この人工甘味料がちょっとやばいんですよね。

人工甘味料を避けたい人は買わない方が良いでしょう。

バターコーヒー スイートの栄養成分はレギュラーと全く同じでした。

おそるべし人工甘味料ですね。

実際に飲んだ味わいは「ミルクコーヒー」でした。

個人的には人工甘味料は避けたいところです。

ファミリーマート・バターコーヒー(スイート) 成分表示

栄養成分表示の表示が100ml当たりなので換算します。

  • 内容量240ml
  • カロリー 158.4kcal
  • 炭水化物 1.44g(糖類0g)
  • たんぱく質 0.96g
  • 脂質 16.56g
  • 食塩相当量 0.22g

原材料

  • バター
  • 植物油脂
  • コーヒー
  • 乳化剤
  • カゼインNa
  • 甘味料(アセスファムK、スクラロース
  • 乳成分・大豆が含まれる
  • 無脂乳固形分 0.0%
  • 乳脂肪分 3.2%
  • 植物性脂質分 2.8%

ファミマのバターコーヒーの価格は高い?

ファミマのバターコーヒー の値段は198円(税込)

普通のコーヒーよりは高めです。

価格をざっくりと比較してみるとファミマのバターコーヒー を飲み続けるのは割高になります。(コーヒー豆の値段は除いてます)

バターコーヒー を習慣にして飲み続けたければ、バターコーヒーの材料を揃えた方がコスパはいいです。

チャコールバターコーヒーバターコーヒー インスタント比較【買うならこれがおすすめ】カルディ・ チャコール etc 評価

ファミマのバターコーヒー はまずい?おいしい?

ファミマ バターコーヒー ダイエット

ファミマのバターコーヒーはアイスです。

早速飲んでみましたところ、やっぱり飲みやすく、味で例えるならカフェオレ系の味です。

いつも飲んでいるのがホットなので、ファミマのバターコーヒー も電子レンジで温めて飲んでみました。

ファミマ バターコーヒー ダイエット
ファミマ バターコーヒー ダイエット
正統派バターコーヒー

ファミマのバターコーヒー も、普段飲んでいるバターコーヒーと同じような味わいでした。

バターコーヒー 未経験の人はファミマのバターコーヒーを飲んでみて、味が大丈夫そうなら本格的にバターコーヒー ダイエットを始めてみてもいいと思います。

まとめ ファミマのバターコーヒー

  • ファミマのバターコーヒーもおいしかった!
  • 手ごろな価格でバターコーヒー をお試しできる
  • 外出時もファミマで手軽にバターコーヒー を飲める
  • ファミマのバターコーヒー は実はドトールコーヒーだった
  • グラスフェッドバターもMCTオイルも実際に入っている

バターコーヒー ダイエットについてはほかの記事を参考にしてください。

バターコーヒーで痩せるバターコーヒーダイエットはケトジェニックでやるべき理由 5種類の脂肪酸の違い

スポンサーリンク