MENU
筋トレブロガー
ベンチプレス ・ケトルベルトレーニングにはまっているアマチュアトレーニーです。
筋トレ、ダイエット、アンチエイジングが趣味な健康オタク/エッセンシャルオイル歴8年以上のアロマ男子

筋トレやダイエットの結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。商品の実体験記事の執筆をご希望の場合お気軽にお問い合わせください。
》筋トレにおすすめの高たんぱく質宅配弁当8社比較《

ゼンブヌードル(パスタ)は痩せる?タンパク質量は高い?栄養やカロリー 口コミ評価

【ZENB】ゼンブヌードルはまずい?

※ブログに記載しているダイエット方法(食事管理)に関して、肥満症やその他の症状で医師から診断されている場合は、必ず医師と相談の上取り組んでください。 ※当ブログの商品レビューはサンプル提供されたものも含めて忖度のない個人的な率直な感想をまとめています。 ※当ブログのリンクの一部には広告が含まれます。

目次で探す

ゼンブヌードル口コミ評価 痩せる?栄養やカロリーを調べてみた

ゼンブヌードルとは、黄えんどう豆100%でできたパスタです。

小麦粉を一切使っておらずグルテンフリーです。

普通のパスタよりも糖質が低く、カロリーを気にする人にもおすすめのプラントベースのパスタです。

ゼンブヌードルのタンパク質は高い?栄養やカロリー

【ZENB】ゼンブヌードルはまずい?
内容量320g
原材料黄えんどう豆粉(アメリカ製造)
栄養成分表示1食(80g)あたり
カロリー260kcal
たんぱく質13.0〜17.3g
脂質0.9〜2.5g
炭水化物49.3〜54.8g(糖質37.6〜42.5g・食物繊維9.8〜14.2g)
食塩相当量0〜0.05g
製造所(株)フコックス(埼玉)
原材料と栄養成分カロリー

ゼンブパスタの特徴は、炭水化物量が通常のパスタよりも低い点です。

調理方法にもよりますが、タンパク質は13.0〜17.3gと高タンパク質です。

食物繊維が多く含まれておりタンパク質量も高いため筋トレダイエットをしている人にもおすすめの食材です。

ゼンブパスタと普通のパスタのカロリーを比較

パスタゼンブヌードル
栄養成分表示1食(80g)あたり※参考1食(乾麺80g)あたり
カロリー302kcal260kcal
たんぱく質10.4g13.0~17.3g
脂質1.76g0.9~2.5g
炭水化物57.76g47.4〜56.7g
(糖質37.6~42.5g、食物繊維9.8~14.2g)
ゼンブパスタの栄養成分カロリー
ゼンブパスタ
  1. ゼンブパスタの方が40kcalほど低カロリー
  2. ゼンブパスタの方が最大7gほどたんぱく質が多い
  3. ゼンブパスタの方が脂質が低い
  4. ゼンブパスタの方が10gほど炭水化物量が少ない
  5. ゼンブパスタの方が黄えんどう豆100%でグルテンフリー

ゼンブパスタの方がメリットが多いとはいえ、だからと言って痩せやすいかといえば微妙なところです。

ダイエットに成功するには味付けやソースのカロリーも気をつけて、パスタ以外のその他の食事や運動も大事ですね。

とはいえ、普通のパスタよりも断然ベースパスタはおすすめです。

まとめ

ゼンブヌードルは普通のパスタと比較すれば確かにカロリーは低いのですが、だからといって痩せやるいかどうかは食べ方と運動次第と言えるでしょう。

ダイエット中でも糖質は必要ですので、ダイエット中の糖質とタンパク質補給という意味ではゼンブヌードルは非常におすすめです。

パスタはタンパク質量が多く、筋肉を作るための糖質も程よく含まれているので、筋肉増量が目的ならご飯よりも断然おすすめの食材です。

  • URLをコピーしました!
目次で探す