MENU
YOAKE
筋トレブロガー
ベンチプレス ・ケトルベルトレーニングにはまっているアマチュアトレーニーです。
筋トレ、ダイエット、アンチエイジングが趣味な健康オタク/エッセンシャルオイル歴8年以上のアロマ男子

筋トレやダイエットの結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。商品の実体験記事の執筆をご希望の場合お気軽にお問い合わせください。

バターコーヒーの危険性とやめた人に多い原因とは?痩せた失敗しない方法も

※ブログに記載しているダイエット方法に関して、肥満症やその他の症状で医師から診断されている場合は、必ず医師と相談の上取り組んでください。 ※当ブログの商品レビューはサンプル提供されたものも含めて忖度のない個人的な率直な感想をまとめています。 ※当ブログのリンクの一部には広告が含まれます。

目次で探す

バターコーヒーで痩せる失敗しない方法

バターコーヒーダイエットは糖質制限もあわせて行う。

バターコーヒーの最も効果的なやり方は糖質制限も行うことです。
体にケトン体が増えて脂肪を燃焼してエネルギーを作る出すようになります。

バターコーヒーダイエットは置き換えダイエットではないので、必ず糖質制限も行いましょう。

ケトジェニックダイエットとは?

バターコーヒーはケトジェニックダイエットの一種。

ケトジェニックって何なの?って感じだと思うので説明します。

バターコーヒーは高カロリーで脂質が多いのになぜ痩せるのか?

それは人間の脂肪燃焼のメカニズムに秘密がありました。

グラスフェッドバターには、共役リノール酸や中鎖脂肪酸、ビタミンA、Eなどが含まれています。

MCTオイルには中鎖脂肪酸が含まれており、エネルギーとして使われやすい特徴があります。

  • 人間の体は糖質を原料とするエネルギー回路と脂質を原料とするエネルギー回路がある
  • 朝に中鎖脂肪酸を摂ることで、脂肪が燃えやすくなる
  • 糖質が多い食事をしていると糖質でカロリー消費をするので脂肪が燃焼しない

人間の体がエネルギーを作り出す優先順位が、まずは糖質、その次に脂質をエネルギーに使う。
だから糖質を減らすことで、脂質を燃焼させる時間を増やすって感じです。

まとめ|バターコーヒーダイエットは正しい方法で行なおう!

バターコーヒーダイエットは正しいやり方でやらないと痩せなかったり、余計に脂肪がついたりコレステロール値が上昇する恐れがあります。

バターコーヒーの正しい作り方、正しい知識を学びつつ効果的なバターコーヒーダイエットを行いましょう。

1 2
  • URLをコピーしました!
目次で探す
閉じる