MENU
YOAKE
筋トレブロガー
ベンチプレス ・ケトルベルトレーニングにはまっているアマチュアトレーニーです。
筋トレ、ダイエット、アンチエイジングが趣味な健康オタク/エッセンシャルオイル歴8年以上のアロマ男子

筋トレやダイエットの結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。商品の実体験記事の執筆をご希望の場合お気軽にお問い合わせください。

ジムの有酸素運動マシンで消費カロリーが大きいのはこれ!

フィットネスバイク

※ブログに記載しているダイエット方法(食事管理)に関して、肥満症やその他の症状で医師から診断されている場合は、必ず医師と相談の上取り組んでください。 ※当ブログの商品レビューはサンプル提供されたものも含めて忖度のない個人的な率直な感想をまとめています。 ※当ブログのリンクの一部には広告が含まれます。

目次で探す

ジムの有酸素運動マシンで消費カロリーが大きい順番

1:クロストレーナー100kcal / 6分34秒
155kcal / 10分(レベル6)
260kcal / 15分(レベル8)
2:エアロバイク100kcal / 7分
3:トレッドミル100kcal / 12分31秒
有酸素運動マシンの消費カロリー比較

100kcal消費するのにかかった時間を比較しました。

クロストレーナーとエアロバイクが僅差で、トレッドミルの消費カロリーが一番小さいという結果が出ました。

1:消費カロリーが大きいクロストレーナー

クロストレーナーの消費カロリー
クロストレーナーの消費カロリー

クロストレーナーの動作は自転車の立ち漕ぎのような感じで、太ももも両肩、肩甲骨も一定のフォームで大きく動かします。

大きな筋肉を大きく動かすため消費カロリーが高い結果が出ます。

クロストレーナー
クロストレーナー

2:楽にカロリー消費できるエアロバイク

エアロバイクの消費カロリー
エアロバイクの消費カロリー

エアロバイクの消費カロリーは負荷レベル12の設定で100kcalおよそ7分でした。

エアロバイクは下半身は使いますが上半身はほぼ固定です。

ということは太ももの大きな筋肉を大きく動かすと消費カロリーが高いといえますね。

お尻をサドルに乗せるのでクロストレーナーよりは楽です。

ハードな筋トレをした後におすすめです。

エアロバイクの消費カロリー
エアロバイク

3:しんどい割に消費カロリーが少ないトレッドミル(ランニングマシン)

トレッドミルの消費カロリー
トレッドミルの消費カロリー

トレッドミル、いわゆるランニングのメリットを上げると心肺機能の向上があります。

心拍数は他の有酸素マシンよりも上がりやすいです。

ところがトレッドミルは100kcal消費するのにおよそ12分かかりました。

意外ですが、ランニングは省エネ動作で長時間走るフォームで動きます。(私自身マラソンもやっていた経験あり)

足の動きはエアロバイクやクロストレーナーのように大きく上下させることなく、足を前後に動かす動作がメインです。

ランニングの動作は太ももにあまり負担がかかっていないのです。

ランニングが好きなのでずっとトレッドミルをやっていたのですが、意外にもクロストレーナーやエアロバイクの方が消費カロリーが高かったです。

効果絶大な有酸素運動はインターバルトレーニング(タバタ式)

ただ有酸素マシンをやるのもいいですが、脂肪燃焼効果を最高にしようとするとインターバルトレーニングがおすすめです。

インターバルトレーニングとは、短い休憩を入れて全力で行うトレーニング方法です。

具体的には2分走って1分歩く、20秒動いて10秒休む(タバタ式)などです。

マシンを使って行う場合は、エアロバイククロストレーナー、ローイングマシンがやりやすいです。

インターバルトレーニングをやりやすいのはエアロバイクとクロストレーナー

トレッドミルは走行部分のランニングベルトが回っているので、急に速度を変えることは不向きです。

20秒、10秒刻みのタバタ式には向いていません。

その点、自走で運動するエアロバイクやクロストレーナーはインターバルトレーニングに向いています。

タバタ式トレーニングとは?

タバタ式トレーニングの代表が「20秒運動+10秒休憩を8セット」行います。

短時間で高い強度の運動を行います。

このタバタ式トレーニングは『田端』という日本人の名前がついていますが、『TABATA』が海外で大流行。

このトレーニング方法は日本の田端泉さんが、トレーニングの有用性と科学性に関する研究成果を発表した論文があり、その論文を基に考案されたトレーニング方法なのでTABATA(タバタ式トレーニング)と呼ばれているそうです。

海外では『Tabata Protocol』『Tabata Workout』として知られています。

短時間で効果が期待できるとして行われるようになりました。

著:田畑 泉
¥792 (2021/04/21 01:05時点 | Amazon調べ)

クロストレーナーでインターバルトレーングをやった結果

クロストレーナーでインターバルトレーニング

クロストレーナーで「20秒運動+10秒休憩を8セット」これを2セット行ったところ、100kcalほど消費しました。

時間は8分ですね。

エアロバイクでインターバルトレーングをやった結果

エアロバイクでインターバルトレーング

エアロバイクで「20秒運動+10秒休憩を8セット」これを2セット行ったところ、120kcalほど消費しました。

これも時間は8分です。

エアロバイクの方が数値上は消費カロリーが多かったです。

エアロバイクの方が楽に早く漕げるためだと思います。

ローイングでインターバルトレーングをやった結果

ローイングマシン

20秒運動+10秒休憩を8セット」これを1セット行ったところ、正確な数値は出ませんがおよそ40〜50kcalほど消費しているかと思います。

普通に適当に運動するよりもインターバルトレーニングで運動する方が心拍数が上がるので体力づくりにメリットがあります。

20秒全力で運動+10秒休憩を8セット」これをいろんな種目でやってみてください。

まとめ

短時間で消費カロリーを稼ぎたいならトレッドミルよりもエアロバイクやクロストレーナーがおすすめ!

違うタイプの有酸素運動マシンを比較研究してみて勉強になりました。

  • URLをコピーしました!
目次で探す