MENU
YOAKE
筋トレブロガー
ベンチプレス ・ケトルベルトレーニングにはまっているアマチュアトレーニーです。
筋トレ、ダイエット、アンチエイジングが趣味な健康オタク/エッセンシャルオイル歴8年以上のアロマ男子

筋トレやダイエットの結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。商品の実体験記事の執筆をご希望の場合お気軽にお問い合わせください。

クロストレーナーは痩せる!効果や消費カロリーが最強の理由 デメリットも

クロストレーナーは最強

※ブログに記載しているダイエット方法(食事管理)に関して、肥満症やその他の症状で医師から診断されている場合は、必ず医師と相談の上取り組んでください。 ※当ブログの商品レビューはサンプル提供されたものも含めて忖度のない個人的な率直な感想をまとめています。 ※当ブログのリンクの一部には広告が含まれます。

目次で探す

クロストレーナーは痩せる!効果や消費カロリーが最強の理由

クロストレーナーの説明を調べると、この手の有酸素マシンの中で一番カロリー消費が大きいと言われていますが本当なのか?実際に各マシンを使って比較してみました。

クロストレーナーエリプティカルバイクとも言われています。

エリプティカルとクロストレーナーの違い

エリプティカルとクロストレーナーとの読み方は、読み方が違うだけで同じマシンです。

英語でエリプティカル(elliptical)と書き、楕円形という意味です。

エリプティカルクロストレーナー(elliptical cross trainer)が一応正式名称。

海外でもエリプティカルトレーナー、クロストレーナーのどちらでも呼ばれているようです。

エリプティカルクロストレーナーのメリットとリスク

楕円形クロストレーナーの12の驚くべき利点 [および3つのリスク]

エリプティカルクロストレーナーのメリット

  1. 消費カロリー
  2. 関節にやさしく背中の筋肉も動かせる
  3. 負荷を調節できる
  4. 怪我を防止したトレーニングができる
  5. 家庭用エリプティカルトレーナーで家でも運動ができる
  6. 天候に左右されず運動ができる
  7. 心肺機能を高める
  8. 運動を続けることにより糖尿病のリスクが低下する

エリプティカルクロストレーナーのリスク

  1. 有酸素運動ばかりやりすぎると筋肉が落ちて代謝が下がる

ダイエットをする場合も有酸素運動ばかりするのではなく、筋トレを行なって筋力アップ、基礎代謝アップを行いましょう。

クロストレーナーは太る心配なし!

クロストレーナーは太る心配がない有酸素運動です。

クロストレーナーで運動した分だけカロリーを消費します。

もしクロストレーナーをやっても体重が減らないとか、逆に太ってしまったという場合は摂取カロリーのオーバーが原因です。

毎日の食事のカロリーコントロールを行いましょう。

トレーニング期間に限らず、食事の栄養バランスは高たんぱく質低カロリーがおすすめです。

高たんぱく質低カロリーの宅配弁当を利用するなどして、栄養バランスを摂っていきましょう。

クロストレーナーは痩せる!

オートミール1週間で1キロダイエット
クロストレーナーで痩せた

クロストレーナーをやり始めて1週間ほどで約1キロ痩せました。

クロストレーナー以外のトレーニングや食事方法にも気をつけました。

具体的には白米をオートミールに変えて糖質制限をしました。

クロストレーナー30分の消費カロリーは?

  • 49歳体重約60kgの男性
  • 負荷レベル設定6〜8
約7分100kcal
約15分260kcal
約30分400kcal
クロストレーナーの消費カロリー

効率がいい時間が15分程度、30分だと疲れが出てきて後半の消費カロリーが落ちました。

とはいえ、クロストレーナーは効率よくカロリーを消費してくれる運動です。

クロストレーナーは消費カロリーが最強!トレッドミル、エアロバイクと比較

【1】エアロバイク 100kcal / 7分

エアロバイクの消費カロリー
エアロバイクの消費カロリー

エアロバイクの消費カロリーは、100kcal消費するのに約7分かかりました。

レベル12と、負荷高めの設定をしました。

なかなか効率がいいと感じました。

【2】トレッドミル 100kcal / 12分31秒

トレッドミルの消費カロリー
【2】トレッドミルの消費カロリー

トレッドミル(ランニング)で100kcal消費するのにかかった時間は12分31秒でした。

トレッドミルは全身使いますが、消費カロリー自体は意外と少ないですね。

【3】クロストレーナー 100kcal / 6分34秒

クロストレーナーの消費カロリー
クロストレーナーの消費カロリー

クロストレーナーの消費カロリーは、レベル8で運動し続けて6分34秒で100kcal消費しました。

圧倒的な効率の良さでした。

数字上のことなので、実際どれだけ脂肪が燃焼しているのかまではわかりませんが、脂肪燃焼に効率が良さそうなのは確かですね。

クロストレーナーは最強
クロストレーナーは最強

クロストレーナーは両足と両腕、両肩をフルで使って運動できるので、それだけ動かす筋肉や関節も多いです。

その分消費カロリーが多く計上される仕組みなのかもしれません。

レベルの数字を上げるほど負荷が高くなり、両足と腕の負荷も大きくなります。

クロストレーナーは負荷をある程度上げると、筋トレのような刺激が筋肉に伝わります。

効率良く脂肪燃焼するならクロストレーナーがおすすめ。

有酸素運動マシンの消費カロリー比較

有酸素運動マシンの消費カロリーはクロストレーナーが一番効率がいい。

ネットの情報とかではクロストレーナーが一番消費カロリーが大きいと書かれているものも結構見るんですが、実際に私が試したところ、やはりクロストレーナーの消費カロリーが大きかったです。

エアロバイク、トレッドミル、クロストレーナーの消費カロリー100kcalにかかった時間を比較しました。

【1】エアロバイク100kcal / 7分
【2】トレッドミル100kcal / 12分31秒
【3】クロストレーナー100kcal / 6分34秒
有酸素運動マシンの消費カロリー比較

この結果、おそらく人によって若干変わりますが、クロストレーナーは脂肪燃焼に効果的と言っていいかと思います。

トレーニングマシンの設定やその日のコンディションでも結果に差が出ます。

クロストレーナーを使ってみた感想 メリットとデメリット

  • フォームが矯正される
  • 両足、両肩の筋肉を動かすことができる
  • 太ももに効く
  • 足首に体重が乗っかるので足首が痛くなった
  • 両手、両肩も動かすのでハンドルを握っている手首が痛くなった
クロストレーナー
クロストレーナー

クロストレーナーは一言で言うと『自転車の立ち漕ぎ』や『山登り』なんですよね。

クロストレーナーはちょっと未来的なデザインのマシンで、両足をマシンのペダルにのせて、手は縦に伸びたグリップを握って動かします。

私が実際にクロストレーナーを使ってみたところ、一番効いたのが太ももの筋肉です。
それだけしっかり効果があるともいえますね。

クロストレーナーのデメリット

クロストレーナーは関節に負担がかかるかも。

全身が宙に浮いているので関節への負担が少ない』と説明されていますが、フォームが悪いと関節に負担がかかります。

エアロバイクならお尻が固定されるので膝や関節の負担は軽いですが、クロストレーナーは両足に全身の体重の負担がかかります。

確かにトレッドミルも全身の負荷が足裏で受けることになりますが、クロストレーナーはまた違った感じの負荷がかかっているようです。

足のかかとを軽く浮かせるようにして足を動かすと、足首への負担がかなり減りました。

関節が心配な人は負荷の軽いエアロバイクの方がおすすめです。

クロストレーナーで足が痺れる?

はじめてクロストレーナーを使ったときに足が痺れるような感覚がありました。

足をステップに乗せたまま運動する慣れていない動きをしたので、筋肉が緊張してこわばっていたのが原因のようでした。

それに気がついてからは、足の強張り、緊張しないように意識してリラックスして行いました。

すると、足の痺れのような感覚は無くなりました。

クロストレーナー購入のデメリット

クロストレーナーを購入すると、そのマシンしか使えません。

ジムを利用するといろんなマシンを低価格で使うことができます。

マシンのメンテナンスも不要なので、故障の心配をする必要がありません。

もし飽きてしまっても問題ないわけですし。

なによりも、クロストレーナーをやるには購入するよりもジムを利用するのがおすすめです!

月額3000円ぐらいで使える安いジムもあるので、あなたに合ったジムを探してみてください。

近くの格安ジムを見つけることができれば、いろんなマシンを使うことができるので、トレーニングがめちゃ楽しくなりますよ!

まとめ クロストレーナーのメリット

クロストレーナーのメリットはフォームがきれいに矯正される点。

クロストレーナーは、両手両足の軌道が一定です。

体の動きの癖が出ないので、全身の筋肉をバランス良く動かすことができます。

後ろ走行もできるので、筋肉への刺激を変えることができます。

トレッドミルだと走るフォームが悪い人は誤ったフォームで走っている場合があります。

誰もアドボイスしてくれず、自分でもフォームの悪さに気がつかないと変な走り方が癖になってしまいます。

エアロバイクの場合は、腰が固定されているため全身を鍛えるよりも脂肪燃焼に特化したトレーニング方法といえます。

クロストレーナーで有酸素運動をすることで、きれいなフォームを身につけることもできますね。
ジムにいろんなマシンがあるなら、ときどきはいつもと違うマシンも使ってみましょう。

  • URLをコピーしました!
目次で探す