MENU
YOAKE
筋トレブロガー
ベンチプレス ・ケトルベルトレーニングにはまっているアマチュアトレーニーです。
筋トレ、ダイエット、アンチエイジングが趣味な健康オタク/エッセンシャルオイル歴8年以上のアロマ男子

筋トレやダイエットの結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。商品の実体験記事の執筆をご希望の場合お気軽にお問い合わせください。

ベースフード口コミ 胡散臭い?全種類食べた感想と痩せた口コミも

完全栄養食品BASE BREAD

※ブログに記載しているダイエット方法(食事管理)に関して、肥満症やその他の症状で医師から診断されている場合は、必ず医師と相談の上取り組んでください。 ※当ブログの商品レビューはサンプル提供されたものも含めて忖度のない個人的な率直な感想をまとめています。 ※当ブログのリンクの一部には広告が含まれます。

目次で探す

ベースフードは胡散臭い? 全種類食べたリアルな口コミ評価

ベースフードの広告は確かに胡散臭い場合があるかも・・・
ですが、実際に食べてみたところ私は特に問題は感じなかったし、継続して食べ続けています。

ベースフードは胡散臭いと言われる原因は、ネット広告やSNSのステマっぽい口コミが原因です。

宣伝を頑張っているだけなんですが、ベースフードを食べたことがない人から見るとワザとらしさやステマっぽさを感じるかもしれませんね。

「ベースフードがまずかった」っていう口コミもときどき見かけますが、味の好みは人それぞれ、個人的な感想です。

添加物入ってる加工食品でも美味しいっていう人もいるし、味が薄いものは健康的なものであってもまずいという人もいます。

味については食べてみるしかわかりません。

ベースフードには人工的な甘味料や着色料は使われていませんが、詳細が気になる人は次の記事も併せて確認してください。

完全食ってことで、ビタミンやミネラルが添加物なんじゃないかと誤解している人も多いですが、ベースブレッドの栄養はほぼ原材料からのものです。

BASE FOODベースフード ベースブレッドとは?

ベースフードはタンパク質のほか、人に必要な栄養が総合的に摂れる便利な食べ物です。

ベースフードはかなり前から名前を知っていましたが、口コミの印象と原材料がよくわからずに敬遠していました。

ベースフードの商品が気になってはいたものの、なかなか試す機会がありませんでした。

ネットではまとめ買いのみで、いきなり大量に買うのも抵抗がありました。

たまたま入ったファミリーマートにベースブレッドベースクッキーがありました。

試しに買ってみたところ、思ったより美味しかったし原材料に問題がないと思ったので、今はネットで継続して購入しています。

ベースフードを定期購入しようと思ったのは、ベースブレッドが美味しくて栄養バランスが良く手軽にタンパク質が摂れるからです。

とりあえずベースブレッドをときどき食べているだけで、おやつの量がかなり減ってカロリー制限に役立ちました。

公式サイトからのまとめ買いが一番やすいですし。

完全栄養食とは?

ベースパスタ(1袋)やベースブレッド(2個)は1日に必要な栄養素の1/3がとれる。

ベースフードが定義している『完全栄養食』とは、次のような定義があります。

※1食(ベースブレッドは2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

ベースフードは過剰摂取になりがちなな炭水化物や脂質を省いた、すべての栄養素の1日分の基準値の1/3以上を摂ることができます。

わかりやすくまとめると、タンパク質やビタミンやミネラルが1食で大人が必要な栄養の三分の一摂れるということです。

しかもカロリーは控えめ、便利ですよね。

いつでも解約OK

》BASE FOOD 公式サイト 20%OFF購入はこちらから

ベースフードはまずい?

ベースフードを食べた感想はあくまでも私の感想となります。
シンプルで飽きない味を好みます。

スクロールできます
種類おいしさまずさ
ベースブレッド結局プレーンがシンプルで美味しい
プレーンをバンズにしてアレンジして食べている
飽きない味のチョコ味を少しリピート購入
シナモン、メープル、カレーは味がついている分、結局飽きてしまった
ベースクッキーアールグレイ、ココナッツ、さつまいも味が特に美味しい抹茶は初めは美味しく感じたけど何故か飽きた
ココア味が何故かいまいち
ベースパスタアジアン麺がシンプルで美味しいフィットチーネが麺が太い分全粒粉面のクセが強く感じた
ベースフード商品の感想

どれも食べれないほどまずいと感じたものはなかったけど、リピートしているのはどれもシンプルな味のもの。

どれも全粒粉系の味なので、そういうのが苦手な人には不向きかも。

私は普通の白いパンの噛みごたえのない変な柔らかささ苦手なので、むしろベースブレッドのようなパンは本当にありがたい!

ベースブレッドの噛みごたえはカニパンを思い出してもらうとわかりやすいかも。

ベースフード株式会社

  • 販売事業者 ベースフード株式会社
  • 販売事業者所在地 〒153-0061 東京都目黒区中目黒5-25-2
  • 代表者 橋本舜

BASE BREADベースブレッドのカロリー・栄養成分表示一覧

ベースブレッドカロリータンパク質糖質
プレーン205kcal13.5g20.7g
ミニ食パン233kcal13.5g22.2g
カレー253kcal13.5g24.7g
チョコレート255kcal13.5g25.9g
シナモン262kcal13.5g26.1g
メープル264kcal13.7g27.1g
ペースブレッド・カロリー一覧

ベースブレッドはカロリーが205kcal〜264kcal。

BASE BREADは全粒粉や大豆粉が使われていて、甘味は控えめでおいしいです。
毎日食べても飽きない味です。

タンパク質が摂れる完全食のパン『ベースブレッド』のカロリーと味の感想

BASE BREADベースブレッドプレーンのカロリー・栄養成分表示

完全栄養食品BASE BREAD

ベースブレッド・プレーン

原材料名

小麦全粒粉(国内製造)、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、液卵、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、バター、食用こめ油、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、調味料(無機塩)

内容量1個装当たり
カロリー205kcal
たんぱく質13.5g
脂質5.4g
炭水化物23.9g(糖質20.7g・食物繊維3.2g)
食塩相当量0.7g
原材料と栄養成分カロリー

ベースブレッドのプレーンは、シリーズの中でももっともカロリーが低く糖質も低いです。
そして安いです。

バンズ代わりにプレーンを使ってアレンジするのもおすすめです。

その他の栄養は公式サイトで確認できます。

BASE BREAD®︎には、どんな栄養素が含まれていますか?

ベースブレッドを全種類食べてみましたが、一番美味しくて食べ飽きないのがプレーン味です。

ベースブレッドのプレーン味は食べ飽きないしアレンジレシピが楽しめます。

美味しさアップは写真でも伝わると思います。

ベースブレッドにミニ食パンが登場!

BASE BREADベースブレッドメープルのカロリー・栄養成分表示

完全栄養食BASE BREAD 口コミレビュー

ベースブレッド・メープル

原材料名

メープル味フラワーペースト(国内製造)、小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、液卵、ライ麦全粒粉、食用こめ油、小麦胚芽、米ぬか、チアシード、パン酵母、米酢、バター、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、着色料(カラメル)、増粘多糖類、香料

内容量2個(1包装当たり)
カロリー264kcal
たんぱく質13.7g
脂質8.2g
炭水化物30.3g(糖質27.1g・食物繊維3.3g)
食塩相当量0.7g
原材料と栄養成分カロリー

BASE BREADベースブレッドシナモンのカロリー・栄養成分表示

完全栄養食BASE BREAD 口コミレビュー

ベースブレッド・シナモン

原材料名

小麦全粒粉(国内製造)、シナモンフィリング(砂糖、ショートニング、シナモンパウダー)、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、液卵、ライ麦全粒粉、食用こめ油、小麦胚芽、米ぬか、チアシード、パン酵母、はちみつ、米酢、バター、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、調味料(無機塩)、増粘剤(加工でん粉)、香料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)

内容量2個(1包装当たり)
カロリー262kcal
たんぱく質13.5g
脂質8.5g
炭水化物29.4g(糖質26.1g・食物繊維3.3g)
食塩相当量0.7g
原材料と栄養成分カロリー

BASE BREADベースブレッドチョコレートのカロリー・栄養成分表示

完全栄養食BASE BREAD 口コミレビュー

ベースブレッド・チョコレート

原材料名

チョコレートフラワーペースト(国内製造)(ゼラチン・乳成分を含む)、小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、液卵、食用こめ油、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、香料、増粘多糖類、pH調整剤

内容量1個(1包装当たり)
カロリー255kcal
たんぱく質13.5g
脂質7.8g
炭水化物29.3g(糖質25.9g・食物繊維3.4g)
食塩相当量0.69g
原材料と栄養成分カロリー

ベースブレッドのカレー味はまずい?

ベースブレッドのカレー味を食べてみたくて通販を利用しました。

コンビニでは売ってないんですよね。

ベースブレッドのカレー味は小さいんですがとってもスパイシーで美味しいです!

満足度が高いです。

ジムに行く前や筋トレ前のエネルギー源にいいです!

ベースブレッドのカレー味は、まずいと言うことはありません。

でも何個か食べていたら飽きました。

味付きのベースブレッドよりもプレーンのベースブレッドの方がクセがなくて飽きにくいです。

BASE BREADベースブレッドカレーのカロリー・栄養成分表示

ベースブレッド・カレー

原材料名

カレー(国内製造)(小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・豚肉・りんごを含む)、液卵、小麦全粒粉、大豆粉(遺伝子組み換えでない)、小麦たんぱく、食用植物油脂、還元水飴、発酵風味液、もち米、米ぬか、乳たん白、砂糖、チアシード、米酢、食物繊維、ドロマイト、ターメリック、食塩、クミン、昆布粉末、粉末油脂、酵母、サトウキビ抽出物/膨張剤、酒精、調味料(無機塩等)、酸味料、着色料(カラメル、カロテノイド)、香辛料抽出物、香料

内容量1個当たり
カロリー253kcal
たんぱく質13.5g
脂質10.2g
炭水化物28.4g(糖質24.7g・食物繊維3.6g)
食塩相当量1.21g
原材料と栄養成分カロリー

ベースブレッドは商品分類で言うと「菓子パン」ってことになるんですが、原材料に栄養価が高いものが使われており、タンパク質はもちろん、ビタミンやミネラル分も豊富です。

いつでも解約OK

》BASE FOOD 公式サイト 20%OFF購入はこちらから

ベースブレッドの口コミにステマはある?

ベースブレッドにはお友達招待制度があり、紹介コードからベースフードを買ってもらうとポイントがもらえます。

でもポイントで買えるのはベースフードの商品だけです。

まいずいものをステマで広めても、まずい商品しか買えないんじゃステマをする意味がそもそもないです。

ベースフードのアンバサダーのインフルエンサーの口コミもSNSで見かけますが、本当に美味しいのか?1日に必要な栄養素の1/3が摂れるのかも、実際に食べて調査してみました。

ベースブレッドは1食に2個食べることで、栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む異様が摂れることがわかりました。

ベースブレッドを実際に食べてわかったことは『本当にヘルシーで美味しい』ってことでした。

ベースブレッドの口コミをSNSでよく見てたので、ステマっぽいとは思ってたんですが、試しに買ってみたら普通のパンよりも美味しかったです。

今では逆に普通のパンを食べると物足りなさを感じます。

ベースブレッドを一度食べると、カロリーも高いし栄養バランスも良くない市販のパンには戻れません。

ベースブレッドで痩せた口コミ

しっかりカロリー制限して食べて痩せている人が実際にいますね。

  • 3日で1.5キロ痩せた
  • 1ヶ月で2キロ痩せた
  • 1ヶ月で8キロ痩せた
  • 2ヶ月で3.5キロ痩せた
  • 3ヶ月で8キロ痩せた

など、さまざまな結果が出ているようです。(痩せる結果は個人によって異なります)

ちなみに私はベースブレッドをタンパク質補給目的で食べていますが、しっかりボディメイクできています。
ベースブレッド+プロテイン生活がコスパいいです。

「タンパク質を摂る目的ならベースブレッドよりもプロテインバーの方がいい」なんて考える人もいるから不思議です。

プロテインバーは砂糖や甘味料、脂質も多くカロリーも高いです。

私はプロテインバーも食べますが、原材料をよくみて厳選して買っています。

ベースブレッドは日常的に食べていますが、プロテインバーを日常的に食べるなんてことはしないです。

プロテインバーのデメリットも知っているからです。

いつでも解約OK

BASE FOOD(ベースフード)

ベースフードのタンパク質ランキング

完全栄養食のベースフードは1食で大人が1日に必要な栄養素の1/3がとれます。

ベースフードの完全栄養食の定義はこちら。

※1食(ベースブレッドは2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

ベースフード商品は大きく分けて3種類販売されています。

  1. ベースブレッド
  2. ベースパスタ
  3. ベースクッキー

パン、パスタ、クッキーと、どれも筋トレやダイエットには悪そうなメニューばかりですが、全粒粉が原材料のベースフードなら、どの種類も低GI値で太りにくいのが特徴です。

栄養成分も豊富なので筋トレにもダイエットにも活用できます。

スクロールできます
1位ベースパスタ アジアン レシピ
ベースパスタ(アジアン)
カロリー 394kcal
たんぱく質 30.1g
脂質 9.1g(n-3系脂肪酸0.9g n-6系脂肪酸 2.5g)
炭水化物 50.2g(糖質 43.5g 食物繊維 6.7g)
食塩相当量 0.8g
単品390円
継続312円
2位ベースブレッド プレーン
ベースブレッド(プレーン)
カロリー 205kcal(2個で410kcal)
たんぱく質 13.5g(2個で27.0g)
脂質 5.4g(n-3系脂肪酸 0.4g n-6系脂肪酸 1.6g)
炭水化物23.9g(糖質 20.7g 食物繊維 3.2g)
食塩相当量 0.7g
コンビニ237円
公式単品195円
継続156円
3位ベースクッキーの口コミレビュー
ベースクッキー(ココナッツ)
カロリー 159kcal
たんぱく質 6.9g
脂質 7.4g(n-3系脂肪酸 0.3g n-6系脂肪酸 1.0g)
炭水化物 17.8g(糖質 14.6g 食物繊維 3.1g)
食塩相当量 0.09g
単品 170円
継続136円
ベースフードのタンパク質ランキング

効率よくタンパク質を摂りたいなら実はベースパスタが一番コスパがいいです。

ベースブレッドだけを食べ続けると、グルテンばかりを食べてしまうことになるので腸内環境にはあまり良くありません。

ベースパスタも主原料が小麦たんぱく、つまりグルテンなので、食べ過ぎは注意したいですね。

ベースパスタを食べた感想

ベースパスタは1食でタンパク質が30gほど摂れる優れものです。

パスタの種類は『アジアン』と『フィットチーネ』の2種類。

私はソバっぽい細麺のアジアンが気に入りました!

全粒粉ベースの麺が、ソバっぽくもありラーメンっぽくもあるし、筋トレダイエット中に麺類を美味しく食べれるメリットもあります。

継続コース初回特典
商品価格20%OFF おまかせソース1袋、BASE Cookies ココナッツ1袋無料プレゼント

初回は商品価格20%オフ、2回目以降10%オフ

3,444円 /セット(送料・税込) /

BASE BREADベースブレッドの食べ方

ベースブレッドのアレンジレシピは、基本的に好きな具材を挟むだけなので楽ちんです!

BASE BREADはそのままでもおいしいですが、電子レンジやトースターであたためてもおいしいです。

バンズタイプのものなら、バーガー風に間に野菜や肉などを挟んでアレンジレシピを楽しむこともできます。

ベースブレッドはアレンジしやすい

ベースブレッド・プレーンは味にクセがないので、バンズがわりにしてハンバーガーにしてよく食べています。

ミニハンバーグや好きな野菜をサンドして食べています。

アレンジレシピはこちら。

ベースブレッドプレーンのアレンジにおすすめの具材

ベースブレッドは好きなヘルシーな具材を挟んで食べることができます。
野菜たっぷりにできるのもうれしいです。

BASE BREADベースブレッドの添加物をチェック

BASE BREADベースブレッドは体に悪いものが使われていないか、原材料や添加物をチェックしました。

BASE BREADベースブレッドは合成保存料や合成着色料は不使用。

ベースブレッドは体に悪い理由は特にありません。

ベースブレッドは栄養バランスが整ったパンです。

しかしベースブレッドだけ食べていれば健康になるというのは誤った認識で、その他の食事の栄養バランスやカロリーオーバーにも気をつけ、あくまでも普段の食事のサポート的に食べましょう。

BASE BREADベースブレッドで食事管理はできる?

BASE BREADベースブレッドは食事管理に適したパンです。
ベースブレッドを毎日食べても太りにくい。

ベースブレッドはや確かに栄養豊富なのですが、1袋あたり250kcalぐらいあり、2袋食べると500kcalぐらいです。

2袋分の値段は500円近くなります。

忙しい人や手軽に栄養バランスが取れた食事をしたい人に、BASE BREADベースブレッドおすすめです。

でもその他の食事をどうするのか?

1日で必要な栄養の残り3分の2をどう摂るのかがポイントです。

いつでも解約OK

BASE FOOD(ベースフード)

ベースフードで食事管理(カロリー制限)はできる?

ベースフードの種類は以下の通り。

  1. ベースブレッド 205kcal〜
  2. ベースクッキー 152kcal〜
  3. ベースパスタ 375kcal〜

1日あたりの摂取カロリーをコントロールしつつ、必要なタンパク質やビタミン、ミネラル成分を食事から摂るのは簡単ではありません。

ところがベースフードだと、栄養バランスがいい食事やおやつを手軽に食べることができます。

自分の1日の適切なカロリー摂取量を把握して、ベースフードで調整しましょう。

ベースフードのパン『ベースブレッド』のカロリー

スクロールできます
ベースブレッドの種類価格(1袋あたり)カロリー
プレーン(1個)コンビニ 237円
公式単品 195円
継続 156円
カロリー 205kcal
たんぱく質 13.5g
脂質 5.4g(n-3系脂肪酸 0.4g n-6系脂肪酸 1.6g)
炭水化物23.9g(糖質 20.7g 食物繊維 3.2g)
食塩相当量 0.7g
チョコレート(1個)コンビニ 248円
公式単品 205円
継続 165円
カロリー 255kcal
たんぱく質 13.5g
脂質 7.8g(n-3系脂肪酸 0.4g n-6系脂肪酸 1.9g)
炭水化物 29.3g(糖質 25.9g 食物繊維 3.4g)
食塩相当量 0.69g
メープル(1袋・2個)コンビニ 259円
公式 215円
継続 172円
カロリー 264kcal
たんぱく質 13.5g
脂質 8.2g(n-3系脂肪酸 0.4g n-6系脂肪酸 1.7g)
炭水化物30.3g(糖質 27.1g 食物繊維 3.3g)
食塩相当量 0.7g
シナモン(1袋・2個)コンビニ 259円
公式単品 215円
継続 172円
カロリー 262kcal
たんぱく質 13.5g
脂質 8.5g(n-3系脂肪酸 0.4g n-6系脂肪酸 1.7g)
炭水化物 29.4g(糖質 26.1g 食物繊維 3.3g)
食塩相当量 0.7g
カレー(1個)コンビニ 270円
公式単品 225円
継続 180円
カロリー 253kcal
たんぱく質 13.5g
脂質 10.2g(n-3系脂肪酸 0.7g n-6系脂肪酸 2.0g)
炭水化物 28.4g(糖質 24.7g 食物繊維 3.6g)
食塩相当量 3.6g
ミニ食パンプレーン(2枚)コンビニ 販売なし
公式単品 200円
継続 160円
カロリー 233kcal
たんぱく質 13.5g
脂質 7.2g(n-3系脂肪酸 0.5g n-6系脂肪酸 1.7g)
炭水化物 25.4g(糖質 22.2g 食物繊維 3.2g)
食塩相当量 1.0g
ベースブレッドの栄養成分表示

ベースブレッドの値段は、お試ししてみるならコンビニで買うのが手軽にできます。

まとめ買いなら公式サイトの継続コースがお得です。

継続コースでも1回で休止や配送のスキップなどができるので安心して購入できるかと思います。

栄養面では、1袋あたり 205kcal〜264kcalで、タンパク質が13.5g摂れて、その他の栄養分も充実しています。

タンパク質や栄養なランスを考えた食事を手軽に摂りたい人にとって、ベースフードは最適です。

ベースフードのクッキー『ベースクッキー』

ベースクッキーは完全栄養食ではありません。

ベースクッキーコンビニのファミリーマートかローソンの一部の店舗で販売されています。

コンビニ価格は194円です。

スクロールできます
ベースクッキーの種類価格(1袋あたり)カロリー
ココア単品 170円
継続 136円
カロリー 154kcal
たんぱく質 7.8g
脂質 6.5g(n-3系脂肪酸 0.2g n-6系脂肪酸 1.1g)
炭水化物 17.5g(糖質 14.4g 食物繊維 2.6g)
食塩相当量 0.24g
アールグレイ単品 170円
継続 136円
カロリー 159kcal
たんぱく質 7.6g
脂質 6.5g(n-3系脂肪酸 0.3g n-6系脂肪酸 1.1g)
炭水化物19.1g(糖質 15.9g 食物繊維 3.2g)
食塩相当量 0.1g
抹茶単品 170円
継続 136円
カロリー 153kcal
たんぱく質 7.0g
脂質 6.5g (n-3系脂肪酸 0.3g n-6系脂肪酸 1.0g)
炭水化物 18.2g(糖質 15.2g 食物繊維 3.0g)
食塩相当量 0.08g
ココナッツ単品 170円
継続 136円
カロリー 159kcal
たんぱく質 6.9g
脂質 7.4g(n-3系脂肪酸 0.3g n-6系脂肪酸 1.0g)
炭水化物 17.8g(糖質 14.6g 食物繊維 3.1g)
食塩相当量 0.09g
さつまいも単品 170円
継続 136円
カロリー 152kcal
たんぱく質 6.8g
脂質 6.1g(n-3系脂肪酸 0.3g n-6系脂肪酸 1.0g)
炭水化物 19.0g(糖質 16.0g 食物繊維 3.0g)
食塩相当量 0.08g
ベースクッキーの栄養成分表示

ベースクッキーの味は平均して美味しいです。

タンパク質は6.8g以上はいっていますし、普通にお菓子に比べるとタンパク質量は多いです。

ベースフードのパスタ『ベースパスタ』

スクロールできます
ベースクッキーの種類価格(1袋あたり)カロリー
アジアン単品 390
継続 312
カロリー 394kcal
たんぱく質 30.1g
脂質 9.1g(n-3系脂肪酸0.9g n-6系脂肪酸 2.5g)
炭水化物 50.2g(糖質 43.5g 食物繊維 6.7g)
食塩相当量 0.8g
フィットチーネ単品 390
継続 312
カロリー 375kcal
たんぱく質 29.8g
脂質 8.9g(n-3系脂肪酸 0.9g n-6系脂肪酸 3.3g)
炭水化物 46.5g(糖質 39.8g 食物繊維 6.8g)
食塩相当量 0.8g
ベースパスタの栄養成分表示

値段とタンパク質量をみると、実は一番コスパがいいのがベースパスタです。

費用を抑えつつタンパク質を優先して摂りたい人はベースパスタがおすすめです。

ベースパスタ・アジアンは、蕎麦のようなラーメンのような全粒粉麺の味が気に入っています。

継続コース初回特典
商品価格20%OFF おまかせソース1袋、BASE Cookies ココナッツ1袋無料プレゼント

初回は商品価格20%オフ、2回目以降10%オフ

3,444円 /セット(送料・税込) /

ベースフードはコンビニで買えます

一部のベースフード商品はコンビニで買うことができます。

値段は公式サイトより高いですが、お試ししてみるにはおすすめです。

  • ファミリーマート (ベースブレッド・ベースクッキー)
  • セブンイレブン (ベースブレッド)
  • ナチュラルローソン (ベースクッキー)

ファミリーマートなら、どこのコンビニでベースブレッドが販売されているかを検索することができます。

ベースフードの解約方法

ベースフードは継続コースでお得に注文しても、次回お届け予定日の5日前までに手続きをすれば1回で休止・解約やスキップができます。

初回は20%OFFで2回目以降が10%OFFなので、お得に買うなら初回にまとめ買いした方が一番お得に買えます。

継続コース初回特典
商品価格20%OFF おまかせソース1袋、BASE Cookies ココナッツ1袋無料プレゼント

初回は商品価格20%オフ、2回目以降10%オフ

3,444円 /セット(送料・税込) /

ベースフードのクーポンはある?

ベースフードがさらに安くなるクーポンコードがあります。

クーポンコードを使いたい場合はこちらをお使いください。

  • URLをコピーしました!
目次で探す