MENU
YOAKE
筋トレブロガー
ベンチプレス ・ケトルベルトレーニングにはまっているアマチュアトレーニーです。
筋トレ、ダイエット、アンチエイジングが趣味な健康オタク/エッセンシャルオイル歴8年以上のアロマ男子

筋トレやダイエットの結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。商品の実体験記事の執筆をご希望の場合お気軽にお問い合わせください。

毎日のウォーキングに1時間以上は逆効果!痩せないのは本当だった

ウォーキングの効果

※ブログに記載しているダイエット方法(食事管理)に関して、肥満症やその他の症状で医師から診断されている場合は、必ず医師と相談の上取り組んでください。 ※当ブログの商品レビューはサンプル提供されたものも含めて忖度のない個人的な率直な感想をまとめています。 ※当ブログのリンクの一部には広告が含まれます。

目次で探す

毎日のウォーキングにウォーキング1時間以上は逆効果!ダイエット効果がなくなる?

ウォーキングは適度に行えば健康的でダイエットもできますが、やり過ぎると逆効果になります。

体力がある人は長時間のウォーキングも苦にならないかも知れませんが、健康効果でいうと長時間やってもあまり意味がないどころか、痩せない体質になってしまう場合も考えられます。

ウォーキングしても痩せない原因

ダイエット目的のウォーキングの適切な時間は1日に20分〜30分で十分です。

早く痩せようと思って1日にたくさん歩いても消費カロリー通りには痩せてくれません。

人間には恒常性という性質(ホメオスタシス)があり、状態を保とうとするので、急激に変化があると体を元に戻そうとします。

たくさんカロリーを消費したら、今度はたくさんカロリーを摂って戻そうとします。

食欲も出てきて減った脂肪も戻そうとします。

これを俗に「リバウンド」っていいます。

毎日ウォーキングを1時間以上していたら、ウォーキングをする運動量を体に溜め込む必要があります。

ただウォーキングをしているだけなら筋肉量があまりあまりありませんから、脂肪にエネルギー源を溜め込みやすいです。

だから毎日少しずつ体を変化させた方がいいというわけです。

基礎代謝量を増やすべき理由

基礎代謝量が多い人はたくさん運動してたくさん食べても、食べたものが筋肉にエネルギー源として溜め込まれたり、運動ですぐにエネルギーとして使ったりします。

だから太りにくいです。

基礎代謝量が少ない人、つまり筋肉量が少ない人は筋肉にエネルギーを貯めることができないので、余分に摂ってしまったカロリーを脂肪にため込んでいきます。

基礎代謝量が低いのに高カロリーの食事を続けていると太り続けるわけです。

今まで運動を特にしてなかった人がいきなり筋トレを始めてもいいですが、筋トレをやりたい気分じゃない人はウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングは年齢や性別問わず、誰にでもすぐにできる手軽な運動です。

毎日ウォーキング1時間は歩きすぎ?

ダイエット目的ならウォーキング1時間は歩きすぎです。

1日に14000歩以上歩いてみた結果

実際に1日に14,000歩以上歩いてみた結果、消費カロリーはたったの319kcal程度。

ウォーキングに換算すると10kmぐらいの距離を歩いたことになります。

ただ単にダイエットが目的なら、ウォーキングは非効率ですね。

この日はジムでトレーニングした上に、歩いて移動することが多くこの歩数になってしまいました。
体は疲れ果てて足が棒だし筋肉痛で寝つきが悪かったです。

前述したように、運動時間が長いので疲労を溜め込み、ストレスホルモンとも言われるコルチゾールを増やしてしまい筋肉も落ちてしまいます。

筋肉が落ちると基礎代謝量が上がらないので太りやすい体質から変わりません。

筋肉を維持した状態で脂肪を減らしていくならウォーキングの時間は30分を目処にしましょう。

ウォーキングが好きな人は2時間歩く人もいるそうですが、そういった人は特に太っていないでしょう。

マラソン大会に出たりする人は、トレーニングで数時間走る人もいます。

ですが、例えば肥満気味の人がいきなり1日にウォーキングを2時間やると、膝や足の関節を痛める可能性もあります。

無理せず焦らず少しずつ痩せていきましょう。

ダイエット目的なら1日30分歩きましょう。

ウォーキングで効果的に痩せるには?

もっと効果的に痩せたい人は、筋トレをした後にウォーキングを行いましょう。

同じ30分運動するなら10分でも筋トレを取り入れてみましょう。

大きな筋肉を動かした後の有酸素運動は、より効果的な脂肪燃焼が期待できます。

  • URLをコピーしました!
目次で探す